ここから本文です。

更新日:2014年4月1日

術前門脈塞栓術

術前門脈塞栓術

肝臓を大きく切除する場合、残った肝臓が小さいと肝不全の危険性があります。この危険性を出来るだけ少なくするために、術前に切除側の肝内門脈枝を塞栓することで切除側の肝臓を萎縮させ、残る側の肝臓を肥大させておく処置を行います。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)