ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

放射線治療科

放射線治療について

放射線治療科では、主に悪性腫瘍(がん)の治療を行います。

放射線治療の特色として、治療の適応が広いことがあげられます。病気の完治をめざす根治的治療、病気による痛みなどの症状を緩和する目的の治療など、さまざまな段階で治療の適応があります。

診療内容

悪性腫瘍に対応しています。

放射線治療機器

Varian社 TrueBeam STx


治療の流れ

 

  1. 初回診察
    放射線科医が、治療の方法、副作用などについてご説明します。
    わからない点がありましたらお尋ねください。

  2. 治療計画用CT撮影
    治療するときと同じ体の姿勢をとっていただき、放射線の治療計画をたてるためのCT撮影を行います。

  3. 治療計画の作成、準備
    放射線を照射する角度、形状、線量、治療回数などを検討し、決定します。

  4. 放射線治療開始
    原則的に、月-金の週5回の治療を行っています。治療回数はそれぞれの患者さんによって異なりますので、担当医から説明があります。多くの場合、数週間程度の治療を行います。

診療スタッフ

氏名 職名 専門分野・資格等
小林 裕樹 非常勤

日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医

岩井 祐磨 非常勤 日本医学放射線学会放射線科専門医
山口 悟司 医学物理士  

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する (改善提案とは?)