• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2022年11月1日

令和4年度 中央区地域活性化支援事業「みんなで創る中央区づくり」活動状況

千葉市中央区人工呼吸器等を装着した方の災害対策を考える会「千葉市中央区人工呼吸器等を装着した方の災害対策を考える会」

 千葉市中央区人工呼吸器等を装着した方の災害対策を考える会は、千葉市中央区障害者基幹相談センターの職員が中心となり、3年前の台風による停電時の経験をもとに、中央区在住の避難行動要支援者の中でも、電源がないと命にかかわるような人工呼吸器等を装着した方の個別避難計画の作成のために活動しています。個別避難計画を立て、実際に地域の防災訓練に参加し、地域も巻き込みながら活動することで、地域の避難行動要支援者とその周囲の方々の安心に寄与することを目的としています。

 今回は、10月19日(水)に行われた個別避難訓練に同行させていただきました。災害により停電が発生した想定で、最寄りの指定避難所である千葉明徳学園避難所までの避難です。今回の個別避難訓練では、学園内にある指定避難所となる建物までの避難シミュレーションと、指定避難所に配置されているポータブル発電機の貸し出しを千葉明徳学園に受入れていただいたとのことでした。

 車がつかえない場合のことを想定して、土砂崩れや倒木、電線の落下などを考え、訓練を徒歩で行いました。最短ルートでの避難は難しそうなので、少し遠回りにはなりますが安全だと思われるルートで訓練開始。千葉明徳学園の入り口では担当の方がお待ちくださっていて、災害発生時の千葉明徳学園の開門状況等をご説明してくださいました。入口からは坂が続き、人工呼吸器+半日分の最低必要物品を乗せた車いすを押すのはとても大変そう。学園内でも車椅子の方が問題なく通ることのできるルートをご案内くださったり、要支援者の方の避難所になる予定の場所を見学させていただいたり、災害発生時に必要だと考えられる備品の有無についてご説明くださったりしました。その情報を基に、個別避難計画を考えていきます。

 今回の訓練に持ち出したのは、人工呼吸器着用の方の必要物品半日分のみ。それ以上の日用品や食事、介助者の方の必要物品等を考えると、介助者一人での徒歩での避難はかなり難しいということが分かりました。今後は近隣の住民の方や地域の民生委員等に協力を呼びかけていくことに。本日の経験を反映させ、第2回目の個別避難訓練を行うことを決定しました。

 千葉市中央区人工呼吸器等を装着した方の災害対策を考える会の活動としては個別避難計画の作成段階ですが、今後地域の方々を巻き込んだ活動を行うことで、避難行動要支援者とその周囲の方々の安心が広がることを期待しています。

nimotsu

人工呼吸器と半日分の荷物です。

saka

坂を上がるのはとても大変!

meitokugakuen

千葉明徳学園のご担当の方から避難所について聞き取ります。

subetenonimotsu

日用品や食事等を一人で持ったところ。大きなボストンバッグが一つ、向こう側に隠れています。

 

このページの情報発信元

中央区 地域振興課

千葉市中央区中央4丁目5番1号 きぼーる11階

電話:043-221-2105

ファックス:043-221-2179

chiiki.CHU@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)