更新日:2014年3月27日

ここから本文です。

学校規模の適正化はなぜ必要なのですか。

質問

学校規模の適正化はなぜ必要なのですか。

回答

学校規模の適正化の必要性には、大きく分けて、次の3つの側面があります。

1 人間関係面
(1)子どもたち同士が豊かな人間関係を築くことができる。
(2)子どもたちが集団の中での適切な行動を身につけ、社会性を養うことができる。
(3)クラス替え等により、人間関係の固定化を防ぐことができる。

2 教育指導面
(1)大きな集団での学習活動や小グループでの学習活動など、様々な学習形態に対応でき、個に応じたきめ細かな指導と集団の相互作用を生かした指導の両方が可能となる。
(2)施設、特別教室、教材・教具等の使用に支障をきたさない。
(3)中学校において、子どもたちのニーズに応じた部活動数を確保することができる。

3 学校運営面
(1)小学校では専科教員を配置することができ、中学校では全教科に教員を配置して免許外の教科を担当する教員を置かないようにすることができる。
(2)教員同士が互いに切磋琢磨でき、校務分掌の運営に大きな負担が生じない。

問い合わせ先

教育委員会企画課
電話 043-245-5911
FAX 043-245-5988
E-mail kikaku.EDG@city.chiba.lg.jp

このページの情報発信元

教育委員会事務局教育総務部企画課

千葉市中央区問屋町1-35 千葉ポートサイドタワー12階

電話:043-245-5908

ファックス:043-245-5988

kikaku.EDG@city.chiba.lg.jp

このFAQはあなたの疑問を解決しましたか?

千葉市役所コールセンター

web

電話番号:043-245-4894

年中無休 午前8時30分~午後9時
土日休日・年末年始は午後5時まで