ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > その他高齢者福祉 > エンディングサポート(終活支援)事業

ここから本文です。

更新日:2019年10月9日

エンディングサポート(終活支援)事業

目的

 皆さまの多くが亡くなるまでに一定期間、介護が必要な状況となります。その中には「どんな介護を受けたいか」「最後をどうしたいか」という自分の気持ちを誰にも伝えていないまま、認知症等を発症し、自由に意思を伝えられない状況となる方もいます。また、そうした自分の気持ちを決められない、又は決まらないままという方もいます。

 本人の生活習慣や気持ちを一番理解していると思われる家族であっても、長い間別々に暮らしていたり、将来の話をする機会がなかったりした場合、今の状況や気持ちを知らないまま、介護や死の場面に直面したときにどうしたらよいか困ってしまう方が多くいます。

 そこで、千葉市では、あんしんして最後を迎えられる体制づくりの一つとして、エンディングサポート(終活支援)事業を始めました。

 人生の終わりをどう過ごしたいか、あなたの身近な人と考える機会をぜひ作りましょう。

 daikazoku1

事業内容

1 民間事業者との協働によるエンディングサポートの取り組み

千葉市協働事業提案制度により、民間事業者と協働し、そのノウハウを活かした事業を協働で取り組みます。現在は、下記企業と協定を締結し事業を実施しております。

○イオンライフ株式会社

 

千葉市協働事業提案制度について(別ウインドウで開く)

  

 2 総合相談支援の強化

 あんしんケアセンターでは、介護・保健・医療などの高齢者に関する悩み相談に、主任ケアマネジャー・社会福祉士・保健師がそれぞれの専門分野を活かして連携をとりながら対応しており、介護等の相談を通して、高齢者や家族の方等が終活について考える機会となるよう働きかけるとともに、不安に思っている将来について相談者と一緒に考えます。

 また、葬儀やお墓、お金ことなど専門的な相談が必要な場合は、市が協定を締結した民間事業者や市の関係部署と連携して情報提供を行います。

 

 市内あんしんケアセンター一覧(別ウインドウで開く)

soudan

3 終活に関する小規模講演会の開催

社会福祉協議会地区部会単位など小地域ごとに、市民の皆様にとって足の運びやすい会場で、終活に関する講演会を開催しています。

これまでに実施した講演会
日時 開催場所 内容・講師 お申込み先

平成30年12月15日(土)
15:00~16:30

みつわ台総合病院
管理棟2階 会議室

「最後まで自分らしく生きる~高齢化社会時代の医療とあなたの生き方のヒント」
講師:医療法人社団 鼎会 三和病院顧問 高林 克日己 先生                   

みつわ台総合病院
地域医療連携室
電話:043-251-3030
FAX:043-290-0632

平成30年12月18日(火)
13:30~15:00 

            

 稲毛保健福祉センター
3階 大会議室"
 

「最近のお葬式事情とお墓について」
講師:イオンライフ株式会社

  千葉市あんしんケアセンター小仲台
電話:043-307-5780
FAX:043-307-5781
 

 

※参加を希望される方場合は、イオンライフ株式会社(0120-394-394)(外部サイトへリンク)にお問い合わせください。

 setumeikaiM

4 終活に関する検討会の立ち上げ

 終活に関する現状の課題を共有し、課題解決に向けた検討を進めるため、終活に関わる医療機関・介護事業者・企業・NPOなどの関係者をメンバーとする終活に関する検討会を立ち上げます。

 

このページの情報発信元

保健福祉局 地域包括ケア推進課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5267

ファックス:043-245‐5293

hokatsucare.HW@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)