ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 健康 > 検診・検査・予防接種 > 冬季に向けた新型コロナウイルス感染症対策の一環として、インフルエンザ等の予防接種の対象を拡大します

ここから本文です。

更新日:2020年9月23日

冬季に向けた新型コロナウイルス感染症対策の一環として、インフルエンザ等の予防接種の対象を拡大します

冬季は発熱患者が増え、新型コロナウイルスとの切り分けが難しく、医療機関の負担が増えることが危惧されます。
そこで、千葉市は、今年度、発熱患者を減らし、医療機関の負担軽減を図るため、以下の事業を実施します。既にワクチンが存在するものについてはこの機会に積極的に接種いただきますよう皆様のご協力をお願いいたします。

1.インフルエンザ予防接種

これまでは、定期接種の対象は高齢者のみでしたが、全世代に拡大します。
(1)助成対象:生後6か月~65歳未満の市民(65歳以上の方は従前同様の助成を継続)
なお、接種を受ける医療機関は千葉市以外の医療機関も対象です。
(2)助成期間:令和2年10月1日~12月31日
(3)助成金額:接種費用から自己負担額1,800円を差し引いた差額(上限3,000円)
(4)助成方法:一旦費用の全額をご負担いただき、後日償還払いにより助成
※申請方法等、詳しくはこちらをご覧ください。

2. 高齢者肺炎球菌予防接種

5歳刻みの節目年齢の方以外の方も接種対象とします。
(1)助成対象:65歳以上の市民で過去に肺炎球菌ワクチンを1回も接種したことがない方
(2)助成期間:令和2年10月1日~令和3年3月31日
(3)自己負担:3,000円(非課税世帯や生活保護の方等は無料)
(4)接種方法:市内協力医療機関に予約の上、接種
※申請方法等、詳しくはこちらをご覧ください。


このページの情報発信元

保健福祉局医療衛生部保健所感染症対策課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9941

ファックス:043-238-9932

kansensho.PHO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)