ホーム > くらし・地域・手続 > くらし・生活・相談 > ペット・動物 > 令和3年度犬の狂犬病予防定期集合注射(登録)のお知らせ

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年3月1日

令和3年度犬の狂犬病予防定期集合注射(登録)のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、狂犬病予防集合注射は中止となる場合があります。

実施する場合は下記の点にご注意ください。

ご注意ください

<新型コロナウイルス感染症への対応について>

咳・発熱等の症状がある方は、集合注射会場での接種は控えていただきますようお願いいたします。

なお、狂犬病予防注射は、動物病院でも接種できますので、動物病院での接種をお願いします。

(※注射料金は、各動物病院で異なりますので事前にお尋ねください。)

新型コロナウイルス感染症の対応として、注射会場では咳エチケット等にご配慮いただくとともに、列に並ぶ際は他の来場者との距離を十分に確保してください。(手を伸ばしても届かない距離)

令和3年度の犬の狂犬病予防定期集合注射(登録)を実施します。生後91日以上の犬は、登録(犬の生涯に1回)と、狂犬病予防注射(毎年度1回)が法律で義務付けられています。登録済みの犬は再度登録の必要はありませんが、狂犬病予防注射は必ず受けてください。

※登録済の方は、ご自宅に郵送された狂犬病予防(定期集合)注射のお知らせを必ず持参してください。

※新規に登録される方は、会場でお申し出ください。注射受付はがきを作成します。

集合注射会場で受けない場合は6月末までに動物病院で受けてください。(注射料金は動物病院にご確認ください)。

また、集合注射会場の他に、同じ手続きが千葉市獣医師会((公社)千葉県獣医師会)会員病院(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)でもできます。

<今年度中に海外渡航の予定がある飼い主様へ>

日本から外国に犬を連れていく際の手続きに、狂犬病予防注射証明書が必要となる国があります。狂犬病予防定期集合注射でワクチンを接種した場合、証明書の発行に時間を要するため、海外渡航予定の犬は動物病院でのワクチン接種をおすすめします。

日程、会場の案内

日程、集合注射会場については、下記リンク先でご確認ください。

狂犬病予防定期集合注射のご案内

費用について

登録済みの場合3,500円

新規登録の場合6,500円

(登録手数料3,000円、狂犬病予防注射料2,950円、注射済票交付手数料550円

注意事項

1車でのご来場はご遠慮ください。

ただし、市役所議会棟、緑保健福祉センター、花見川区役所、若葉区役所、花見川・稲毛環境事業所、花島公園、昭和の森の7会場は駐車場がありますので、車でのご来場が可能です。

なお、花島公園の会場に車でご来場の方は、会場で配付する駐車券により、10時20分~12時10分の時間帯に限り駐車場料金が無料となり、市役所議会棟の会場では、注射実施時間内に駐車場利用料金が無料となる措置を行いますので、狂犬病予防注射料金の会計時に駐車券をご提示ください。ご提示がない場合及び指定時間を超過してのご利用の場合は駐車料金が有料となります

昭和の森第一駐車場は有料となりますのでご注意ください。

2雨天時は中止にします。

各会場ごとに天候状況で実施・中止の判断をします。

市役所議会棟、緑保健福祉センター、花見川区役所、若葉区役所、美浜区役所、花見川・稲毛環境事業所の6会場は、雨天でも注射が可能ですが、荒天の場合は中止になることがあります

3注射前に犬の健康状態等を確認してください。

犬の健康状態等により、当日、会場で注射できないことがあります。

次の場合、狂犬病予防注射ができませんので、後日、別の会場、又は動物病院で受けてください。

詳しくは、会場で問診の際に獣医師にご相談ください。

  • 犬の健康上の問題がある場合
  • 犬が著しい興奮状態にある場合
  • 犬を制止できない場合
  • 1カ月以内に他のワクチンを接種した場合
  • 犬が人を咬んだ後で、狂犬病の鑑定が済んでいない場合

※犬の健康状態を正確に把握するために、飼い主以外の方やお子様だけの来場はご遠慮ください。

4鑑札・狂犬病予防注射済票を犬に装着してください。

鑑札と狂犬病予防注射済票は、脱落しないよう、確実に犬の首輪に装着してください。

門標は、犬を飼養していることがわかるよう外側から見やすい場所に貼ってください。

5会場には、郵送されたハガキ「狂犬病予防定期集合注射のお知らせ」を必ず持参してください。

6犬の糞は必ず飼い主が回収し、持ち帰りましょう。

犬の糞尿は、会場を利用する地域住民等の迷惑となるため、マナーが守られていない会場は廃止を余儀なくされることがあります。

7門標は犬の登録時にのみ配布します。汚損・き損があれば再配布します。窓口等にお越し下さい。

各種申請・届出について

下記については、窓口での届出が必要になります。

なお、会場では、死亡届、登録事項変更届(市外からの転入を除く)の手続きができます。

  • 鑑札、狂犬病予防注射済票を破損、紛失した場合→再交付申請(有料)
  • 犬が死亡した場合→死亡届
  • 犬の登録事項(所有者、所有者の氏名、市内での所有者の住所・犬の所在地)変更した場合→登録事項変更届
  • 犬の各種申請には、「狂犬病予防定期集合注射のお知らせ」を取扱い窓口にご持参ください。印字してある犬の申請書としてご利用いただけます。
  • 他の市町村から引っ越してきた方は、あらかじめ下記窓口で、登録事項変更届を行ってから、集合注射会場へお越しください。

取扱窓口

  • 動物保護指導センター
  • 市役所生活衛生課(中央コミュニティセンター1階)
  • 各区役所地域振興課

お問い合わせ

千葉市動物保護指導センター 電話043-258-7817
千葉市健康部生活衛生課 電話043-245-5215

このページの情報発信元

保健福祉局医療衛生部生活衛生課動物保護指導センター

千葉市稲毛区宮野木町445番地1

電話:043-258-7817

ファックス:043-258-7818

dobutsuhogo.HWM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)