ここから本文です。

更新日:2021年2月16日

【事業者・テレワーク・飲食店・習いごとなど】新型コロナウイルス関連支援情報

千葉市テレワークアドバイザー派遣事業(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く) ※申請は令和3年2月26日まで

テレワーク環境を導入・拡大する際の課題を解決するためのアドバイス等を行うテレワークアドバイザーを派遣します。

問い合わせ先

千葉市産業振興財団:043-201-9503

テレワーク推進事業 ※再開しました

出社や在宅勤務が困難な場合に、市内ホテルのテレワークプランを利用した場合、1回につき3,000円を上限に、利用料金が割引になります。

問い合わせ先

観光MICE企画課:043-245-5281

千葉市デリバリー等協力店支援金(別ウインドウで開く) ※申請は令和3年2月19日まで

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、大きな影響を受けている市内飲食店を支援するため、飲食店がデリバリーやテイクアウトを行うにあたって要する費用として、1事業所(店舗)あたり5万円を支給します。

問い合わせ先

観光プロモーション課:043-245-5066

千葉市飲食店冬季感染症対策支援金(別ウインドウで開く) ※申請は令和3年2月26日まで

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、感染予防を目的とし、飛沫感染や利用客の滞在時間が長いことなどにより感染リスクが高いとされる飲食店の感染症予防を促すため、「千葉市新型コロナ感染症対策取組宣言」を遵守し、新型コロナ感染症対策に協力した事業者に対し支援金を支給します。

問い合わせ先

千葉市飲食店冬季感染症対策支援金事務局:043-202-1826

千葉市習いごと応援キャンペーン

対象の講座・サービスを50%割引で利用できる「千葉市習いごと応援キャンペーン」を実施します。

問い合わせ先

千葉市習いごと応援キャンペーン事務局:043-201-6322

働き方改革推進支援助成金(別ウインドウで開く)

新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークの新規導入に取り組む中小企業事業主に対する助成金です。

問い合わせ先

テレワーク相談センター:0570-550-348

クラスター防止協力金制度

クラスターが発生しやすい施設において感染患者が発生した場合に、施設名を公表するなど、感染拡大防止に協力した事業者等に対し、協力金を支給します。

※休業要請等、国や自治体による各種要請に応じていない施設は対象外となります。

※感染拡大防止のため、業種別のガイドラインに沿った取組み(業種別のガイドラインが策定されていない場合は、類似業種のものを参考に感染拡大防止対策を徹底するなどの適切な取組み)を実践していないと認められる者は対象外となります。

問い合わせ先

  • 医療政策課:043-245-5202
  • 経済企画課:043-245-5302

理美容店利用促進事業(千葉市理美容店事業者応援プロジェクト)(別ウインドウで開く) ※終了しました

市内の理美容店(参加店舗)において、「1回あたり対象金額の30%以上を割引(親子で利用する場合は、対象金額の50%以上を割引)」となるキャンペーンを実施します。参加店舗には、利用された割引相当額を助成します。

問い合わせ先

千葉市理美容店促進事業事務局:0120-560-099

ICT活用変革促進事業助成金(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く) ※終了しました

中小企業や創業された方を対象に、電子契約や勤怠管理等のシステム導入の費用を助成します。
テレワークの導入のための費用についても対象となります。
※働き方改革や生産性向上を目的としたものが対象となります。
※上限50万円(助成率4分の3、ただし機器購入は2分の1)。

問い合わせ先

千葉市産業振興財団:043-201-9504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)