ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療・生活衛生 > 健康 > 感染症 > インフルエンザ > インフルエンザワクチンの予防接種費用を助成します

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年10月16日

インフルエンザワクチンの予防接種費用を助成します

新型コロナウイルス感染症のまん延に備え、冬季の発熱患者を減らし医療機関の負担軽減を図るため、定期接種の対象外である65歳未満の市民のインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します。

リーフレット(PDF:252KB)(別ウインドウで開く)はこちら

callcenter

対象者

接種日時点で千葉市に住民票がある生後6か月以上65歳未満の方

※定期接種の対象者(接種日時点で65歳以上または60~64歳の方で、心臓、じん臓、呼吸器機能、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に、1級相当の生涯がある方)は、高齢者インフルエンザ予防接種のご案内をご覧ください。

助成対象

令和3年10月1日から令和3年12月31日までの間に接種したインフルエンザワクチンの接種費用が助成対象です。

なお、市外の医療機関での接種も助成対象になります。

助成金額と自己負担

接種費用から1,800円を差し引いた額(上限3,000円)です。

自己負担は、各医療機関が設定する接種費用の額によって変わります。接種費用が4,800円までの場合は、自己負担は1,800円ですが、超える場合は、その分も自己負担になります。

助成方法

償還払いです。

医療機関で接種費用全額を支払った後、申請書に必要書類を添付して、郵送で助成を申請することで、後日助成額が還付されます。

手続きの流れ

1.医療機関でインフルエンザの予防接種を受ける(受付時間を指定している場合や、予約が必要な場合がありますので、事前に医療機関へお問い合わせください。)

2.医療機関で接種費用全額を支払い、領収書を受け取る

3.申請書に必要事項を記入し、添付書類(領収書の原本、振込希望口座の通帳のコピー等)を添えて下記の宛先まで郵送で申請

4.申請書類の内容を確認した後、指定された口座に助成金額を振り込みます(申請から振込まで2~3か月かかります)

申請書類の宛先

郵送のみで受付します。

〒260-8690千葉中央郵便局私書箱第49号

「千葉市インフルエンザ予防接種費用助成事務局」宛

申請期間

令和3年11月1日から令和4年2月28日(※必着)

 

ご注意ください

申請期間を過ぎた申請書は受付できません。

申請に必要なもの

1.申請書

千葉市インフルエンザ任意予防接種費用助成償還払い請求書兼委任状

PDF版(PDF:605KB)(別ウインドウで開く)

word版(ワード:632KB)(別ウインドウで開く)

 

申請書は、上記からダウンロードして印刷するか、10月1日以降は、以下の市の施設でも入手できます。

区役所地域振興課、コミュニティセンター、市民センター、連絡所、保健福祉センター健康課・高齢障害支援課、公民館、保健所感染症対策課

2.領収書(原本)

接種を受けた方の氏名と接種費用がわかるものが必要です(世帯でまとめて申請する場合は、それぞれの方の接種費用がわかるものが必要です)。領収書のコピーや支払証明書は不可です。

3.接種内容が確認できる書類

ワクチンの種類、接種を受けた方の氏名、接種日、医療機関名が確認できる書類が必要です(接種証明書、予診票の写し、接種内容がわかる明細書、母子手帳の写しなど)。

なお、「2.領収書」に必要な項目がすべて記載されている場合は、不要です)

4.口座確認書類

金融機関名、口座番号、口座名義人がわかる通帳やキャッシュカード、インターネットバンキングの画面の写しを添付してください。

問い合わせ先

千葉市予防接種相談窓口

043-307-6601(土日休日を除く午前9時から午後5時まで)

申請手続きに関する質問と回答

Q1:添付する領収書はコピーでもいいですか?

A1:いいえ。領収書の原本が必要です。

Q2:領収書を返却してもらうことはできますか?

A2:いいえ。領収書を含む申請書類は返却できません。

Q3:振込までにどのくらいかかりますか?

A3:申請状況によりますが、概ね2~3か月ほどかかる見込みです。なお、振込完了の通知は行いませんので、通帳を記帳するなどしてご確認ください。

Q4:子どもが2回接種した場合の助成金額はいくらになりますか?

A4:接種費用2回分の合計金額から、1,800円を差し引いた額(上限3,000円)を助成します。

Q5:予約時に接種費用を支払ったので、領収書の日付が9月になっていますが助成は受けられますか?

A5:はい。助成期間内に接種していれば助成を受けられます。申請時に接種日が確認できる書類を必ず添付してください。

Q6:市外の医療機関で接種を受けた場合も助成の対象になりますか?

A6:はい。必要書類を添付の上、申請してください。

Q7:自己負担(1,800円)が免除になる制度はありますか?

A7:ありません。

Q8:会社でインフルエンザの予防接種をしています。会社でまとめて申請できますか?

A8:会社での申請はできません。申請は本人、または同一の世帯の者に限ります。また、領収書の宛名が会社名義になっている場合は、助成の対象になりません。

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局医療衛生部医療政策課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター地下1階

電話:043-245-5207

ファックス:043-245-5554

seisaku.HWM@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)