ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 高齢者医療 > 高齢者インフルエンザ予防接種のご案内

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年12月5日

高齢者インフルエンザ予防接種のご案内

 令和元年度の高齢者インフルエンザ予防接種は10月1日(火)から12月31日(火)まで実施します。 

 

千葉市では、予防接種法に基づき、インフルエンザ予防接種の助成を実施いたします。
接種を希望される場合は、予防接種の効果と副反応について理解をされた上でお受けください。


※平成23年度までは全対象者に案内を送付しておりましたが、平成24年度から新規対象者のみのご案内となっております。

インフルエンザの症状

インフルエンザウイルスの感染を受けてから1~3日間ほどの潜伏期間の後に、発熱(通常38度以上の高熱)、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛・関節痛などが突然あらわれ、咳、鼻汁などの上気道炎症状がこれに続き、約1週間の経過で軽快するのが典型的なインフルエンザで、いわゆる「かぜ」に比べて全身症状が強く出ます。特に、高齢者や、年齢を問わず呼吸器、循環器、腎臓に慢性疾患を持つ患者、糖尿病などの代謝疾患、免疫機能が低下している患者では、原疾患の増悪とともに、呼吸器に二次的な細菌感染症を起こしやすくなり、入院や死亡の危険が増加します。小児では中耳炎の合併、熱性痙攣や気管支喘息の誘発、まれではありますが小児・成人を含めて急性脳症などの重症合併症があらわれることもあります。

予防接種の効果

現在国内で用いられている不活化インフルエンザワクチンは、ポリオや麻しんのワクチンほどの高い効果は期待できず、感染を完全に阻止する効果はありませんが、インフルエンザの発病を一定程度予防することや、発病後の重症化や死亡を予防することに関しては、一定の効果があるとされています。高齢者では、34~55%の発病を阻止し、82%の死亡を阻止する効果があったと報告されています。6歳未満の小児を対象とした2015/16シーズンの研究では、発病防止に対するインフルエンザワクチンの有効率は60%と報告されています。

予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5か月間とされています。より効果的に有効性を高めるためには、毎年インフルエンザが流行する前の12月上旬までに接種を受けておくことが必要です。

副反応について

重大な副反応として、まれにショック、アナフィラキシー(じんましん、呼吸困難、血管浮腫等)があらわれることがあり、そのほとんどは接種後30分以内に生じますが、まれに接種後4時間以内に起こることもあります。その他、ギラン・バレー症候群、けいれん、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、脳症、脊髄炎、視神経炎、肝機能障害、黄疸、喘息発作等があらわれたとの報告があります。
その他、まれに接種直後から数日中に、発疹、じんましん、紅斑、かゆみ等があらわれることがあります。発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、発赤、腫脹、疼痛等を認めることがありますが、通常、2~3日中に消失します。

 接種方法

  1. かかりつけ医(市内協力医療機関)へ接種可能か確認のうえ、予約を取ってください。(予約が不要な医療機関もあります)
  2. 千葉市の「高齢者インフルエンザ予防接種予診票」に必要な事項を記入してください。(協力医療機関の窓口でも受け取ることができます)
  3. 住所と年齢のわかるもの(保険証等)と、予診票(協力医療機関の窓口で受け取る場合は不要)を持って予約した医療機関へ行き、接種してください。なお、自己負担金免除対象の方は、証明書類を予診票と一緒に医療機関へ提出してください。

 

    ※一覧表中の「高齢者インフル」にマルがついているところが協力医療機関です。

接種対象者

千葉市に住民登録があり、接種日現在で下記のいずれかに該当する方。

  1. 65歳以上の方
  2. 60歳~64歳の方で、心臓、じん臓、呼吸器機能、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に、1級相当の障害がある方

接種期間

令和元年10月1日~令和元年12月31日

接種費用

自己負担額1,800円。(ただし、接種費用が1,800円で受けられるのは接種期間内に1回のみです。)

接種費用が無料になる方

接種対象者で下記のいずれかに該当する方は、免除対象確認書類を予診票と一緒に医療機関へ提出することにより無料で接種を受けることができます。(ただし、接種費用が無料となるのは接種期間内に1回のみです。)
手続き方法など詳しくは次のリンク先をご覧ください。(リンク:高齢者予防接種が無料になる方

(自己負担金が免除になる方)

  1. 生活保護を受給している方
  2. 市民税非課税世帯に属する方
  3. 中国残留邦人などの支援給付を受給している方

持ち物

  1. 65歳以上の方 ・・・・住所、年齢、氏名が確認できるもの(健康保険証等)
  2. 60~64歳の方で、心臓、じん臓、呼吸器機能、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に、1級相当の障害がある方
                      ・・・住所、年齢、氏名が確認できるもの(健康保険証等)、身体障害者手帳のコピー
                     

※予診票がお手元にない場合は、協力医療機関に置いてあるものをお使いください。なお、保健所感染症対策課、各区保健福祉センター健康課及び高齢障害支援課、各区役所地域振興課、市民センター、公民館、図書館でも予診票を入手することができます(10月1日以降)。

また、下記からダウンロードしたものもご使用いただけます。
千葉市高齢者インフルエンザ予防接種予診票(PDF:450KB)
(記載していただくのは表面だけですが、裏面の注意事項も必ずお読みください。)


※接種費用が無料になる方は、予診票とは別に免除対象確認書類が必要となり、接種当日に予診票と一緒に医療機関に提出する必要があります。手続き方法など詳しくは、次のリンク先をご覧ください。

(リンク:高齢者予防接種が無料になる方

接種にあたっての注意事項

予防接種の実施においては、体調の良い日に行うことが原則です。健康状態が良好でない場合には、かかりつけ医等に相談の上、接種するか否かを決めてください。
また、以下の場合には予防接種を受けることができません。

  1. 接種当日、明らかに発熱(37.5℃以上)している方
  2. 重い急性疾患にかかっている方
  3. インフルエンザ予防接種液に含まれる成分によって、アナフィラキシーショックを起こしたことがある方
  4. 過去にインフルエンザの予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発疹、じんましんなどアレルギーを思わす異常がみられた方
  5. その他、医師が不適当な状態と判断した方

その他、予防接種後の一般的な注意について

  1. 予防接種を受けた後30分間は医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。急な副反応がこの間に起こることがあります。    
  2. インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。
  3. 接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種部位をこするのはやめましょう。
  4. 接種当日はいつも通りの生活をしてかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。
  5. 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

予防接種による健康被害救済制度について

定期の予防接種によって引き起こされた重篤な副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償を受けることができます。
健康被害の程度等に応じて、医療費、医療手当、障害児養育年金、障害年金、死亡一時金、葬祭料の区分があり、法律で定められた金額が支給されます。死亡一時金、葬祭料以外については、治療が終了する又は障害が治癒する期間まで支給されます。
ただし、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、別の要因(予防接種をする前あるいは後に紛れ込んだ感染症あるいは別の原因等)によるものなのかの因果関係を、予防接種・感染症医療・法律等、各分野の専門家からなる国の審査会にて審議し、予防接種によるものと認定された場合に補償を受けることができます。

千葉県内の市外の医療機関で接種を希望するとき

千葉県内は、「千葉県内定期予防接種相互乗り入れ事業」を実施しています。この事業に協力している医療機関の接種協力医師のもとでは、千葉市の予診票を使用して公費で接種することができます。(接種協力医師により接種可能な予防接種の種類が異なりますのでご注意ください。)

予診票は、感染症対策課または各区の保健福祉センター健康課等においてありますので、ご利用ください。また感染症対策課ホームページから印刷したものや、未使用の予診票をコピーしたものも使用できます。

 

※千葉県内定期予防接種相互乗り入れ事業協力医療機関一覧はこちら(外部サイトへリンク)(外部サイトへリンク)

千葉県外の医療機関等で接種を希望するとき

県外の施設等に入所、または県外の医療機関に入院しているなど、県外に長期滞在し、施設等のお近くの医療機関または県外の入院先などで定期予防接種を希望する場合は、千葉市が発行する「予防接種実施依頼書」を、接種する医療機関等に提出する必要があります。「予防接種実施依頼書」は、『この予防接種は定期予防接種として実施するものであり、予防接種で健康被害が生じた場合は、住民登録のある市町村長が責任を持って対応します』ということを、接種する医療機関などに示す書類になります。そのためこの書類がないと任意接種の扱いとなり、定期予防接種による健康被害が生じた場合に予防接種法の規定に基づく救済制度を受けることができません。また接種費用も償還払いの対象とはならず、自費となります。

 

※予防接種実施依頼書の申請方法は次のとおりです(詳細は感染症対策課にお問い合わせください)。

・申請用紙に記入して感染症対策課へ送付
 感染症対策課(043-238-9941)に電話し、県外で定期予防接種を実施する旨をお話しください。「予防接種実施依頼書」の発行に該当することを確認後、郵送またはFAXで申請用紙をお送りします。用紙を受け取りましたら必要事項を記入し、感染症対策課へ郵送またはFAXでお送りください。なお、FAXで送った場合は到着確認の電話を感染症対策課までお願いいたします。

なお、予防接種実施依頼書の交付申請書(高齢者インフルエンザ用)はこちら(PDF:106KB)からダウンロードすることもできます。

(ダウンロード)予防接種実施依頼書の交付申請書(高齢者インフルエンザ用)(PDF:106KB)

 
申請後、感染症対策課が予防接種実施依頼書を作成し、本人または親族の方、もしくは入所している施設等に送付いたします。
予防接種実施依頼書の発行までに申請を受領してから10日前後(土日祝日、年末年始を除く)を要しますので、余裕をもって申請してください。

 

※接種費用について(償還払い)
県外で接種した定期予防接種の費用は、接種した医療機関等で接種費用をいったん全額支払い、その後以下1から3の必要書類を添付し感染症対策課に申請することによって、後日千葉市の上限額の範囲内で払い戻し(償還払い)をします。ただし、千葉市の上限額を超えてしまった場合は、超えた金額のみご本人に負担していただいています。また、自己負担額の有無によっても払い戻しをする金額は変わってきます。なお償還払いの対象になる方は、接種前に「予防接種実施依頼書」の発行を申請し、接種する医療機関等に「予防接種実施依頼書」を提出して接種した方のみとなります。

【償還払いの申請に必要な書類】
1.予防接種費用償還払い請求書(予防接種実施依頼書と一緒にお送りします)
2.予防接種で支払った領収書の原本(コピー不可)
3.予診票のコピー
以上3点を感染症対策課に郵送してください。
なお、償還払いの申請手順について、詳しくは感染症対策課にお問い合わせください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部保健所感染症対策課

千葉市美浜区幸町1-3-9 千葉市総合保健医療センター2階

電話:043-238-9941

ファックス:043-238-9932

kansensho.PHO@city.chiba.lg.jp

お問い合わせ
千葉市高齢者予防接種電話相談窓口
電話:043-238-9966
開設期間:令和1年9月24日から令和1年12月27日(土日祝、閉庁日を除く)
午前9時から午後5時

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)