ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 保健福祉局健康部環境保健研究所 > 千葉市環境保健研究所年報(平成25年度第21号)

ここから本文です。

更新日:2019年11月27日

千葉市環境保健研究所年報(平成25年度第21号)

全文[(PDF:14,812KB)]

表紙

[(PDF:180KB)]

はじめに

[(PDF:125KB)]

事業概要

I.環境保健研究所の概要

1.沿革

2.施設

3.行政組織図と環境保健研究所の各課事務分掌

4.検査業務の流れと根拠法令

5.職員構成(平成26・25・24年度)

6.予算決算(平成26・25・24年度)

7.主要備品

8.購読雑誌

9.会議・学会・研修会等への参加

10.研修会等の実施

[(PDF:1,450KB)]

 

II.各課等の事業概要

1.健康科学課

[(PDF:5,117KB)]

2.環境科学課

[(PDF:2,689KB)]

調査研究

I.研究報告資料

1.基質拡張型βーラクタマーゼ産生菌による院内感染事例について

[(PDF:1,723KB)]

2.リアルタイムRT-PCRによるヒトメタニューモウイルス遺伝子の検出

[(PDF:543KB)]

3.ガスクロマトグラフ質量分析計を用いた茶の残留農薬一斉分析法の検討と

妥当性評価

[(PDF:696KB)]

4.液体クロマトグラフタンデム質量分析計を用いたゴルフ場使用農薬の

実態調査について(第2報)

[(PDF:221KB)]

5.千葉市の水域におけるPFCs調査(第6報)

[(PDF:565KB)]

6.健常者(食品取扱い従事者)糞便における黄色ブドウ球菌

(Staphylococcus aureus)及びセレウス菌(Bacillus cereus)の検出状況

[(PDF:353KB)]

7.市内病院におけるパラインフルエンザウイルス感染症集団発生事例について

[(PDF:525KB)]

8.食用着色料の検出限界について

[(PDF:291KB)]

9.千葉市内流通食品の放射能検査について(第2報)

[(PDF:279KB)]

10.農産物の残留農薬一斉分析法妥当性評価(ガスクロマトグラフ質量分析計、

液体クロマトグラフタンデム質量分析計)

[(PDF:432KB)]

11.中央区臨海部における粉じん調査について

[(PDF:630KB)]

II.学会等発表

1.腸管出血性大腸菌0128(VT2f)のリアルタイムPCRと免疫磁気ビーズを

用いたスクリーニングと分離

2.リアルタイムPCRを用いた腸管出血性大腸菌0128(vtx2f)の

スクリーニング

3.千葉市内の医療機関で発生したESBL産生菌による院内感染について

4.千葉市における風疹発生状況と風疹ウイルスの検出状況

(2013年1月~7月)

5.千葉市内におけるRSウイルスのサーベイランス

6.千葉市におけるヒトメタニューモウイルスの流行状況と遺伝子解析

7.冬季および夏季における室内空気質の実態調査

8.冬季および夏季における千葉市周辺の室内環境中ガス状化学物質濃度

9.表示のない食品からポリソルベートが検出された事例について

10.全リンのICP発光分析法とモリブデン青吸光光度法との比較

11.千葉市における酸性雨の状況

12.千葉市における降下ばいじん(鉄)の挙動

13.千葉市総合保健医療センター屋上における粉じん調査について

14.福祉施設におけるヒトメタニューモウイルス集団感染事例ー千葉市

15.平成24年度浮遊粒子状物質合同調査報告書

関東におけるPM2.5のキャラクタリゼーション(第5報)

16.第5次酸性雨全国調査報告書(平成24年度)

[(PDF:1,844KB)]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部環境保健研究所健康科学課

千葉市美浜区幸町1-3-9

電話:043-238-1900

ファックス:043-238-1901

kenkokagaku.IHE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)