ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 千葉市環境保健研究所年報(平成28年度)第24号

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年12月22日

千葉市環境保健研究所年報(平成28年度)第24号

全文(PDF:16,826KB)

表紙 [(PDF:74KB)]
はじめに [(PDF:126KB)]

事業概要

I.環境保健研究所の概要

  1. 沿革
  2. 施設
  3. 行政組織図と環境保健研究所の各課事務分掌
  4. 検査業務の流れと根拠法令
  5. 職員構成(平成29・28・27年度)
  6. 予算決算(平成29・28・27年度)
  7. 主要備品
  8. 購読雑誌
  9. 会議・学会・研修会等への参加
  10. 研修会等の実施

[(PDF:2,557KB)]

II.各課等の事業概要

1.健康科学課

[(PDF:4,227KB)]

2.環境科学課

[(PDF:1,986KB)]

調査研究

I.研究報告資料

1.高齢者福祉施設で発生したSalmonella Nagoyaを原因とする食中毒事例 [(PDF:334KB)]
2.Kudoa hexapunctataが原因と疑われた有症事例について [(PDF:423KB)]
3.千葉市の水域における有機フッ素化合物調査(第9報) [(PDF:708KB)]
4.千葉市におけるアデノウイルス検出状況について [(PDF:387KB)]
5.千葉市におけるヒトライノウイルス検出状況 [(PDF:670KB)]
6.千葉市内流通食品の放射能検査について(第5報) [(PDF:302KB)]
7.飲料水中のホルムアルデヒド検査について [(PDF:378KB)]
8.LC/MS/MSを用いたヒスタミン測定方法の検討 [(PDF:337KB)]
   

II.学会等発表

  1. 高齢者福祉施設で発生したSalmonella Nagoyaを原因とする食中毒事例
  2. パンソルビン・トラップ法による食品からのノロウイルス検出事例
  3. 牛乳及び生乳のアフラトキシンM1試験法の妥当性確認について
  4. 1,4-ジオキサン及びVOCs等の分析条件の検討
  5. オゾンスクラバーとしてBPEを用いた環境大気中アルデヒド類サンプリングについての検討
  6. uidとstxl/stx2を指標とした腸管出血性大腸菌の比率予測
  7. 2016年9~11月のノロウイルス感染集団発生事例について-千葉市
[(PDF:1,192KB)]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部環境保健研究所健康科学課

千葉市美浜区幸町1-3-9

電話:043-238-1900

ファックス:043-238-1901

kenkokagaku.IHE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)