ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 保健福祉局健康部健康企画課 > 人生100年時代のキャッチフレーズとロゴマークを決定しました

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年1月14日

人生100年時代のキャッチフレーズとロゴマークを決定しました

 「人生100年時代」を迎え、千葉市においても100歳以上の高齢者が350人を超えるなど、100歳まで生きることが珍しくない社会となっています。このような中、誰もが健康で生き生きと暮らせる社会を実現するためには、市民一人ひとりが健康を意識し、主体的に健康づくりに取り組むことが大切です。

 そこで、キャッチフレーズ、ロゴマークを活用し、「人生100年時代」や健康づくりの重要性について、積極的に周知・啓発を図ることとしました。

キャッチフレーズ「100年を生きる。」

 千葉市では、これまでも健康づくりに関する広報・啓発に係る取組みを、「100年を生きる 健やか未来都市の推進事業」として進めています。この「100年を生きる。」を、人生100年時代を象徴するフレーズとして広く活用していきます。

ロゴマーク

 市内のデザイン専門学校「千葉デザイナー学院」の協力を得て、同学院の学生が制作した候補作品の中から、学院内の選考を経て、市民による一般投票と健康づくり推進協議会の役員・公募委員による投票により決定しました。

ロゴマーク

制作者

横山 恵利香(よこやま えりか)さん
(千葉デザイナー学院 デザイン科 グラフィックデザインコース1年)

コンセプト

「隣人を愛する」ことができるような社会で長く生きる。

作品の説明

①蝶々結びのマーク
 日本の文様での蝶には長寿の意味があることから、蝶々結びをモチーフに制作しました。

②二人の顔
 この二人は子どもとお年寄りを表しています。地域共生社会をコンセプトに、子どもからお年寄りまでが「隣人を愛する」ことができるような社会をイメージしました。

③結び目
 千葉市の市章の一部を採用しました。 

今後の活用法

  市の健康づくり関連事業のポスターや啓発物等で、統一的に使用します。

 


このページの情報発信元

保健福祉局健康部健康企画課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター地下1階

電話:043-245-5204

ファックス:043-245-5554

kikaku.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)