ホーム > くらし・地域・手続 > くらし・生活・相談 > ペット・動物 > 事業者の方へ > 犬猫の夜間展示規制と動物取扱業の登録業種の追加

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2015年2月20日

犬猫の夜間展示規制と動物取扱業の登録業種の追加

動物の愛護及び管理に関する法律の政省令等が平成24年1月に改正され、平成24年6月1日から施行されました。

犬及びねこの夜間展示が禁止されました。

販売売業者、貸出し業者及び展示業者による犬及びねこの午後8時から午前8時までの展示が禁止されました。
犬又はねこを顧客と接触させたり、譲り渡したり、引き渡す行為も禁止されます。
ただし、成猫(生後1年以上のねこ)が休息ができる設備に自由に移動できる状態で展示する場合は、平成24年6月1日から平成26年5月31日までの2年間午後8時から午後10時の間は展示規制の対象外となります。
また、動物取扱業の登録・更新の際は、申請書に「営業時間」を記載することになりました。

動物取扱業の登録が必要な業種が追加されました。

次の2業種について、新たに動物取扱業の登録が必要となりました。

  1. 動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法により行うこと(競りあっせん業)
    (例)動物オークション会場など
  2. 有償で動物を譲り受けて飼養を行うこと(譲受飼養業)
    (例)老犬・老猫ホームなど

改正政省令等の概要リーフレット(環境省)(PDF:571KB)

上記事業を新たに実施しようとする方は、動物取扱業の登録が必要となります。
また、すでに事業を実施されている方は、平成25年5月31日までに登録の申請を行ってください。

詳しくは、動物保護指導センター(電話:043(258)7817)へお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

保健福祉局健康部生活衛生課動物保護指導センター

千葉市稲毛区宮野木町445番地1

電話:043-258-7817

ファックス:043-258-7818

dobutsuhogo.HWH@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)