ホーム > くらし・地域・手続 > ごみ・リサイクル > ごみ > 事業所ごみ > 平成28年度「千葉市廃棄物講演会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年11月28日

平成28年度「千葉市廃棄物講演会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式」を開催しました

事業系ごみの適正処理及び再資源化を促進するため、千葉市廃棄物講演会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式を開催しました。

概要

  • 日時:11月15日(火曜日) 開催場所:千葉市生涯学習センター
  • 千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式
    受彰者:10社(事業者名と主な取組みは下表のとおり)
    廃棄物の減量や再資源化に取り組む等、千葉市の環境行政に優れた貢献のあった事業者に対し表彰しました。
  • 企業レポート「アリオ蘇我が取り組むごみの減量とリサイクルについて」
    株式会社セブン&アイホールディングス 総務部資源リサイクル 藤乗 照幸 氏
  • 基調講演「食品ロスを考える ~消費者・事業者にできること~」
    フードバンクちば 代表 菊地 謙 氏

28廃棄物講演会写真表彰 28廃棄物講演会写真企業レポート 28廃棄物講演会写真基調講演

受賞者一覧(50音順・敬称略)

【事業用大規模建築物部門】9社
事業者名 主な取組み

朝日生命千葉ビル

  • オフィス町内会に加入し、徹底的な古紙の分別・再資源化に努めている。
  • 清掃担当者が徹底的にごみの分別を実施している。
    不適正な排出があった場合は即座に該当のテナントに対しての指導が行われている。
  • 清掃用具を清潔に管理し、建物内の美化を保持している。
  • 生ごみの水切りを徹底的に行い、ごみが水分を含まないよう努めている。
  • テナントの協力により、ビル前の歩道を毎日清掃している。
アリオ蘇我
  • 廃棄物の分別・再資源化に積極的に取り組んでいる。
    生ごみについては事業用生ごみ処理機の導入、食品リサイクル施設への引き渡しによるガス化・肥料化を行い、廃食油を民間事業者へ引き渡し、バイオディーゼル燃料として再資源化している。
  • 廃棄物保管庫に管理者を常駐させ、分別の徹底を図っている。
    また、匂いを抑制するために庫内を低温に保ち、衛生面に配慮している。
  • リサイクルできない捺染紙などの古紙の実物見本を掲示し、混入しないよう努めている。
  • 廃棄物保管庫前に計量機を設置している。
    各テナントが分別して持ち込んだ廃棄物と資源物を品目ごとに計量している。計量結果は施設管理者とテナントで共有し、毎日、ごみ量を把握している。
  • 店頭にて食品トレイ、牛乳パック、缶、ビン、ペットボトル、エコキャップ、段ボール、新聞、雑誌、本を回収している。
    古紙とペットボトルについては回収量に応じてポイントを付与している。
イオンタウンおゆみ野
  • 廃棄物保管庫に分別種別や分別方法をわかりやすく掲示し、積極的に分別に取り組んでいる。
  • 生ごみの保管庫は、匂いや生ごみの腐敗を抑制するために空調が効いており、衛生面に配慮されている。
  • 毎月、1週間に渡りテナント総出での美化活動に取り組んでいる。
  • 店頭にて食品トレイ、牛乳パック、ビン、缶、ペットボトル、古紙を回収し、古紙の排出量に応じてポイントを付与している。
  • 雑がみの見本を掲示し、古紙のリサイクルを推進している。
  • 古新聞をモール内の100円ショップの包装材として再利用している。
イオンモール幕張新都心
  • ペットボトルと紙パックの自動回収機を設置し、回収量に応じてポイントを付与している。
    効率良くリサイクルするため、ペットボトルについてはPET樹脂で作られたボトル以外は機械で弾かれ、また、紙パックについては開かれた状態の物でなければ投入できない仕組みとしている。
  • 廃棄物保管庫は清潔に管理・整頓しており、匂いを抑制するために室内を低温に保っている。
    特に生ごみの保管庫は他の保管庫よりもさらに低温に設定しており、生ごみの腐敗・匂いの防止策を講じている。
  • 古紙の保管庫には、リサイクルできない古紙のサンプルを掲示し、混入防止に努めている。
  • 廃食油は揚げ玉などが混入しないよう、濾してからリサイクルをしている。
  • 計量機を設置し、ごみの排出量を常時管理している。
植草学園大学附属高等学校
  • 週2回、生徒会役員がごみ袋をクラスごとに開封して中身を点検している。
    紙が混入していた場合は資源物として分別している。家庭ごみが混入していた場合は生徒に持ち帰らせて、ごみの排出ルールの徹底に努めている。
  • エコキャップの回収量を学年別に集計し、数値化している。
    回収量をグラフにして自動販売機横に掲示し、意識啓発に努めている。缶のプルタブも回収している。
  • 建物内にあるこども園では、調理の際に野菜の皮を薄く剥くなどし、生ごみの減量に取り組んでいる。
  • 回収した落ち葉をふるいにかけて砂を落とすとともに、枯らしてから排出することで、可燃ごみを減らしている。
キヤノンマーケティングジャパン幕張事業所
  • 会社独自の基準を設定し、あらゆる場所において整理・整頓を行い、ごみの発生抑制に努めている。
    定期的にチェックを行い、常に意識させることで習慣づけを図っている。
  • 個人のごみ箱を廃止し、フロアごとに大型のごみ箱を設置することで、ごみの発生抑制及び分別の徹底を図っている。
  • ごみの分類について、写真入りの分別一覧を作成し、普及啓発に努めている。
  • 分別の徹底などを確認するため、年3回チェック月間を設けている。
  • 保管庫の詳細な位置図を掲示し、分別徹底に努めている。
  • リサイクルできる発泡スチロールについて、イラスト入りで案内を掲示している。
  • ビルのごみ集積所には厨芥類、廃食油専用の保管庫があり、臭気の拡散防止が図られている。
サミットストア花見川区役所前店
  • 廃棄物保管庫に具体的な分別方法を掲示し、適正な排出に努めている。
  • インストアパック方式(店内での調理・加工)により、生鮮食品と総菜を売れ行きに応じて店頭に出すことで、売れ残りによる生ごみの発生を抑制している。
  • 惣菜や精肉を販売する際に、ノントレーパックやビニール袋を容器包装として活用することで、ごみの減量を図っている。
  • 発泡スチロールの一部を自社のリサイクルセンターにて溶融、ペレット化し、再生利用をしている。
  • 店頭で食品トレイ、缶、牛乳パック、エコキャップを回収している。
スーパーオートバックス千葉長沼店
  • 古紙や飲料容器以外に、金属、タイヤ、バッテリー、ワイパー、オイル等の再資源化を図っている。
  • 飲料容器はベンダーによる回収に加え、リサイクル業者に回収を依頼し再資源化を促進している。
  • 毎週日曜日を「オートバックス・デー」と定め、店舗周辺のごみ拾いを実施している。
  • ごみの排出量を年々着実に減少させている。
千葉県立犢橋高等学校
  • ごみ集積所に大きく見やすい分別表示をし、分別の徹底を図っている。
  • 廃棄物保管庫は十分な広さを確保し、資源物等をしっかりと区分して保管している。
  • 廃棄物の分別容器、集積所、保管庫、いずれも整理整頓を行い、環境保持に努めている。
  • ごみに関して適宜指導を行い、ごみ出しルールの徹底を図り、回収容器への誤排出を抑制している。
  • 紙を節約するため、配布せずにできるだけ掲示を行うとともに、紙は必要量のみ購入している。
  • 生徒の卒業時には、私物の持ち帰りを徹底し、家庭ごみの排出を禁止している。
【「ちばルール」行動協定店部門】1社
事業者名 主な取り組み
いなげや千葉桜木店
  • 野菜くずや魚のあら等を飼料化し、食品リサイクルループを実施している。
  • 商品のバラ売りを実施し、消費者が必要量のみ買えることから、無駄な買い物による廃棄物の抑制を推進している。
  • 惣菜売り場においてフライパックを活用し、廃棄物の減量に努めている。
  • 商品の運搬・管理にコンテナを使用し、段ボールの使用を最小限に抑えている。
  • スタッフはマイボトル・マイ箸を持参し、リユースに努めている。
  • レジ袋の辞退者にはその場で2円の値引きをするとともに、エコバックの販売を強化している。
  • ギフト商品は簡易包装を呼びかけ、紙の使用量の削減に努めている。

 

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5067

ファックス:043-245-5624

haikibutsutaisaku.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)