ホーム > くらし・地域・手続 > ごみ・リサイクル > ごみ > 事業所ごみ > 平成29年度「千葉市廃棄物講習会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年11月28日

平成29年度「千葉市廃棄物講習会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式」を開催しました

事業系ごみの適正処理及び再資源化を促進するため、排出事業者向けに千葉市廃棄物講習会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式を開催しました。

例年講演会として開催し、有識者による基調講演を行ってまいりましたが、本年度は講習会として開催し
千葉市環境局から実務的な部分について講習を行い、多くの事業者の皆様にご参加いただきました。

概要

  • 日時:11月17日(金曜日) 開催場所:千葉市役所 8階 正庁
  • 千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式
    被表彰者:5社(事業者名と主な取組みは下表のとおり)
    廃棄物の減量や再資源化に取り組む等、千葉市の環境行政に優れた貢献のあった事業者に対し表彰しました。
  • 企業レポート「キヤノンマーケティングジャパン幕張事業所 ごみ減量対策について」
    キヤノンマーケティングジャパン株式会社 総務部 幕張総務課 北島 圭介 氏
    優良事業者表彰被表彰者であるキヤノンマーケティングジャパン株式会社から、ごみ減量対策について講演していただきました。
  • 廃棄物講習会 千葉市環境局資源循環部
    (1)事業所ごみの分別について
    (2)食品廃棄物のリサイクルについて
    (以上、収集業務課より講習、配布資料:スライド(PPT:1,566KB) リーフレット
    (3)産業廃棄物管理票(マニフェスト)について
    (4)委託による処理
    (5)水銀廃棄物の適正処理について
    (以上、産業廃棄物指導課より講習、配布資料:スライド(PPT:849KB)

局長挨拶 表彰式 企業レポート 会場の様子

被表彰者一覧(敬称略)

【事業用大規模建築物部門】5社
事業者名 主な取組み

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • 複合機にIC認証を導入し、ミスプリント・放置プリントの防止を行っている。
  • 複合機の印刷設定の社内標準を2in1プリントに、また、会議室にはプロジェクタを常設、配布プリントの削減を行っている。
  • 社員食堂から排出される生ごみの水切りの徹底を行い、また、カット済みや処理済み野菜を仕入れている。
  • ごみの分別の徹底によるリサイクルの推進を行っている。
  • オフィスサプライセンターを設置し、不要となった文具類は事業所全体でリユースできるよう専用のコーナーを設置している。
  • カップ飲料の容器を分別回収し、ベンダー経由でトイレットペーパーに再生している。
  • ミックスペーパーの回収量が多くなるよう可燃ごみの分別を徹底している。
  • シュレッダーの断裁ごみは溶解・再利用している業者に引き渡している。
  • 使用済みインク/トナーカートリッジの回収を行い、リサイクルに回している。
  • 可燃ごみの排出量を換算値から実測値に変更し、ごみ減量の成果がより明確になった。
  • 毎年5月・10月に地域の清掃活動に参加している。
幕張テクノガーデン
  • ビル内機器の光源を蛍光灯や電球からLEDに替え、省エネルギーだけでなく、長寿命化による廃蛍光管や廃電球の発生抑制に努めている。
  • オフィスにはOA用紙、飲食テナントへは食品の売れ残りや食べ残しの削減を指導し、発生抑制を促進している。
  • ビル内の廃棄物処理センターでリサイクル品目ごとにストックヤードを配置、千葉市事業系一般廃棄物の分別方法や一覧表を掲示し、テナントへ周知、ビル全体でのリサイクル意識を向上させている。
  • 専有部分については、清掃会社にて分別及び回収を行い、最終的には廃棄物処理センターに常駐している許可業者にて更なる分別を行っている。
  • PETボトルのキャップやプルタブの回収を継続して行っており、リサイクルに努めている。
シャープ幕張ビル
  • IT機器の積極的活用による紙資料の最小化を図っている。
  • 廃棄物の廃棄を排出部門単位で事前登録制とし、処理費用を排出部門負担とすることにより、コストを意識させ、廃棄物の発生を抑制している。
  • 生ごみ処理機の導入による焼却ごみの削減を促進している。
  • フロアごとのごみ箱は廃棄物の種類を細かく分別し、捨て方も具体的に掲示し、分別の徹底を図っている。
  • 労使共同のボランティア団体を中心に、日本各地の事業所や営業・サービス拠点で環境保全活動を実施している。
IMI未来ビル
  • ごみの減量・リサイクルなど、環境への取り組みについて、ビル内に貼り紙等で周知し、分別排出をしている。
  • シュレッダー、古紙を資源化するべく、ビル内ごみ置き場にて専用コーナーを設けて、リサイクルを徹底している。
  • 入居テナントを定期的に巡回し、ごみの排出方法・リサイクルについて、案内文等で周知活動を実施している。

東京ガス株式会社千葉支社

  • 廃棄物の分別を徹底し、発生するごみの再資源化率向上、処分ごみの削減を推進している。
  • 所属員のマイカップ利用促進を行い、使用紙コップの削減を推進している。
  • 什器、事務用品納入の際、可能な限り簡易包装にて依頼している。
  • 紙ごみ、特に雑がみの回収を強化するため、リサイクルBOXを設置し、100%再資源化を実現している。
  • 環境、廃棄物処理について、〔社内ルール〕〔千葉市ルール〕などについて、年一回以上所属員に周知、徹底を行っている。
【「ちばルール」行動協定店部門】0社

 

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5379

ファックス:043-245-5624

haikibutsutaisaku.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)