ホーム > くらし・地域・手続 > ごみ・リサイクル > ごみ > 事業所ごみ > 平成30年度「千葉市廃棄物講習会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式」を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年11月28日

平成30年度「千葉市廃棄物講習会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式」を開催しました

事業系ごみの適正処理及び再資源化を促進するため、排出事業者向けに千葉市廃棄物講習会及び千葉市ごみ減量・再資源化優良事業者表彰式を開催しました。

概要

被表彰者一覧(敬称略)

【事業用大規模建築物部門】1社
事業者名 主な取組み

アパホテル株式会社
アパホテル&リゾート
東京ベイ幕張

・事務所内にゴミ箱を複数設置し、排出時の分別を徹底しています。

・分別指導作業員を常駐設置し、客室・レストランからの廃棄物の分別を徹底しています。

・ペーパーレスを徹底し、データ保管を進めています。

・印刷時は、不用紙・不用封筒利用、両面印刷、縮小印刷等を徹底しています。

・レストランはビュッフェスタイルを中心とし食材ロスを減量しています。

・食品リサイクルを実行しています。

・アメニティ(歯ブラシ・髭剃り等)のリサイクルを行っています。(マテリアルリサイクル・サーマルリサイクル)

・10年10月5日運動(ゴミや無駄を無くし資源保護をはかる)を実施しています。

・ウォシュレット全客室設置によるトイレットペーパー削減を行っています。

・レストランでは割り箸ではなくプラスティック箸を利用しています。

・全客室に可燃・不燃の2つのゴミ箱を設置しています。

【「ちばルール」行動協定店部門】1社
事業者名 主な取組み

いなげや千葉桜木店

・新たな資源物店頭回収システムを導入した。
・野菜くずや魚のあら等を飼料化し、食品リサイクルループを実施している。
・商品のバラ売りを実施し、消費者が必要量のみ買えることから、無駄な買い物による廃棄物の抑制を推進している。

・惣菜売り場においてフライパックを活用し、廃棄物の減量に努めている。

・商品の運搬・管理にコンテナを使用し、段ボールの使用を最小限に抑えている。

・スタッフはマイボトル・マイ箸を持参し、リユースに努めている。

・レジ袋の辞退者にはその場で2円の値引きをするとともに、エコバックの販売を強化している。

・ギフト商品は簡易包装を呼びかけ、紙の使用量の削減に努めている。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局資源循環部廃棄物対策課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5379

ファックス:043-245-5624

haikibutsutaisaku.ENR@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)