ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 地球温暖化対策 > 千葉市所有の燃料電池自動車について > 燃料電池自動車の普及啓発の様子(平成28年度・平成29年度)

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年5月23日

燃料電池自動車の普及啓発の様子(平成28年度・平成29年度)

市では水素で走る燃料電池自動車を導入し、各種イベントで普及啓発を実施しています。平成28年度、平成29年度に実施した普及啓発の様子をお知らせします。

検見川ビーチフェスタ

  • 平成29年5月21日(日曜日)
  • 稲毛海浜公園検見川地区

燃料電池自動車や水素利用について普及啓発を行った。安全性やインフラ整備についての質問が多かったが、「水しか出さず、夢のような話が現実になっている。」という声も聞かれた。また、子供向けの水素に関するリーフレットも配布した。(対応人数:約40名)

青葉の森公園「GWイベント2017」

  • 平成29年5月3日(水曜日・祝日)
  • 青葉の森公園

GW期間中の好天に恵まれた日で、約700名の参加者があり、燃料電池自動車に対する関心の高さがうかがえた。主な質問は「航続走行距離」「水素ステーション」「価格」であった。

aoba_1 aoba_2

エコイベント

  • 日時:平成29年3月19日(日曜日)
  • 場所:フレスポ稲毛

当日は天候にも恵まれ、市の電気自動車、県の所有する燃料電池自動車と合わせてショッピングモールに車両を展示しました。来店した約500名の方に、千葉市の地球温暖化対策、エコカーのメリットなどについて啓発をしました。

290319_2 290319_1

サンスポ千葉マリンマラソン

  • 日時:平成29年1月22日(日曜日)
  • 場所:ZOZOマリンスタジアム、幕張メッセ周辺

当日は天候にも恵まれ、スタート地点のZOZOマリンスタジアムから、18,000人のランナーを先導して走行しました。 走行前後の時間帯は正面入り口に展示され、多くのランナーがクラリティと記念写真を撮影していました。 ランナーからは「水素で走るんだ」「初めて見た」といった声が多く聞かれ、車両をのぞきこむ姿も見られるなど大きな反響がありました。

ハーフマラソンスタート スタート前1

スタート前2

ちばし地球環境保全セミナー

  • 日時:平成28年12月15日(木曜日)15時00分~15時30分
  • 場所:ホテルポートプラザちば駐車場内

当日は65名の参加があり、ホテルポートプラザちばの駐車場で車両の展示を行いました。また、外部給電器を使用して照明を点灯し、非常時には電源として活用できることをアピールしました。

車両展示1 車両展示2

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5199

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)