ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 地球温暖化対策 > 次世代自動車等導入事業補助金

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

次世代自動車等導入事業補助金

千葉市では、地球温暖化対策を推進するため、電気自動車、プラグインハイブリッド自動車、一般住宅用充給電設備(V2H)を購入した方に、補助金を交付します。

令和2年度の募集について

令和2年度補助事業の概要については以下の通りですが、詳細な情報は本ホームページにて確定次第お知らせします。

令和2年度補助事業の概要(予定)

対象自動車 補助金額

交付予定台数

受付方法 募集開始(予定)

4輪の電気自動車(※1)

(大型特殊自動車・小型特殊自動車を除く)

1台あたり

5万円

25台

先着

令和2年4月下旬

4輪のプラグインハイブリッド自動車(※2)

(大型特殊自動車・小型特殊自動車を除く)

1台あたり

5万円

25台

先着

令和2年4月下旬

一般住宅用充給電設備(V2H)

経費の3分の1

(上限20万円)

20台

先着

令和2年4月下旬

一般住宅用充給電設備(V2H)と次世代自動車(※3)の同時申請

V2Hの経費の3分の1+10万円

(上限30万円)

5台

先着

令和2年4月下旬

※1電気自動車とは、電池により駆動する電動機のみを原動機とし、内燃機関を併用しないもので、自動車検査証の燃料の欄が「電気」となっているものを指します。ハイブリッド自動車、プラグインハイブリッド自動車は対象外となります。

※2プラグインハイブリッド自動車とは、電動機と内燃機関を原動機として併用し、かつ外部からの充電が可能な自動車で自動車検査証に当該自動車の燃料の種類が「ガソリン・電気」と記載されているものをいう。ただし、大型特殊自動車及び小型特殊自動車を除く、4輪のものに限る。

※3次世代自動車とは、電気自動車およびプラグインハイブリッド車をいう。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5199

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)