ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 地球温暖化対策 > 太陽光発電の固定価格での買取期間が順次満了します

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年4月23日

太陽光発電の固定価格での買取期間が順次満了します

2009年に開始された固定価格買取制度とは、太陽光発電で作られた電力のうち余剰電力を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度です。住宅用の太陽光発電で作られた電力(10kW未満)は、10年間の買取期間が設定されており、2019年以降順次、買取期間の満了をむかえることから、資源エネルギー庁はホームページで情報提供を行っています。なお、買取期間の満了時期は、電気を買い取っている電力会社等から個別で通知されます。

  • 買取期間の満了をむかえる方

資源エネルギー庁ホームページ「どうする?ソーラー(買取期間満了に関する情報サイト)(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)(買取期間満了全般について)

資源エネルギー庁ホームページ「主なスケジュール」(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)(個別通知・買取メニューに関するスケジュールについて)

(問い合わせ窓口)
資源エネルギー庁 専用ダイヤル
電話番号:0570-057-333
受付時間:9時から18時(土日祝日、年末年始を除く) 

  • 固定価格買い取り制度の詳細について

買取期間が終了した電源については、法律に基づく電力会社の買取義務はなくなりますが、「自家消費」または「相対・自由契約で余剰電力を売電すること」が可能です。

自家消費をする場合

家庭用蓄電池を購入し、太陽光発電でまかなえる電力を増やす方法や、プラグインハイブリッド自動車・電気自動車を購入し、発電した電気を自動車の動力等に使う​方法があります。

千葉市では、家庭用蓄電池を購入された方や、電気自動車を購入された方に補助金を交付していますので、併せてご検討ください。補助金の詳細については、以下のページをご確認ください。

相対・自由契約で余剰電力を売電する場合

小売電気事業者などと個別に契約し、余剰電力を買取ってもらうことができます。

資源エネルギー庁では、ホームページに売電できる事業者を掲載しています。(随時更新)

※「○○しなければ損をする」などの過剰なセールストークにご注意ください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5199

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)