ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 環境 > 地球温暖化対策 > 再生可能エネルギー等設備を導入される方に補助金を交付します

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年10月29日

再生可能エネルギー等設備を導入される方に補助金を交付します

千葉市では、再生可能エネルギー等の導入を促進するため、市内の住宅等に再生可能エネルギー等設備(太陽光発電設備、太陽熱利用給湯設備、家庭用燃料電池設備(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電設備、窓の断熱改修)を導入した方に補助金を交付します。また、市内の高齢福祉施設又は障害福祉施設等に、太陽熱利用給湯システムまたはリチウムイオン蓄電設備を導入しようとする事業者に対しても補助金を交付します。

重要なお知らせ

予算残額が残りわずかになっています。同日の受付で募集予算額を超えた場合は、抽選により補助対象者を決定いたします。

申請金額が募集予算額に達した後の申請は「仮受付」とし、受付期間終了(令和3年2月15日)後、補助金事業全体の予算残額の範囲内で「仮受付」順に受付をします。

受付について

受付・お問い合わせ窓口は千葉市住宅供給公社です。
制度の詳細や案内書・各様式等のダウンロード、補助事業の詳細については「千葉市住宅供給公社ホームページ」をご覧ください。

千葉市住宅供給公社(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

令和2年度補助金事業の概要

【個人向け】

対象住宅

設備名

募集予算額

受付方法

受付期間

補助金額

新築
建売
既築
太陽熱利用給湯設備

計4,034万円

(窓の断熱改修の募集件数は5件です。)

先着

令和2年7月1日(水曜日)
~令和3年2月15日(月曜日)
(土・日・祝日、年末年始を除く)

強制循環式:10万円
家庭用燃料電池設備 5万円
定置用リチウムイオン蓄電設備 10万円
既築のみ 太陽光発電設備 出力1kWあたり2万円
(最大4.5kWまで)
窓の断熱改修

窓断熱改修のみ

令和2年7月1日(水曜日)
~令和3年1月8日(金曜日)

経費の4分の1(上限8万円)

 

【事業者向け】

対象設備

設備名

募集予算額

受付方法

受付期間

補助金額

高齢福祉施設
障害福祉施設
医療施設


太陽熱利用給湯設備
及び
蓄電システム


100万円


先着


令和2年9月9日(水曜日)~令和3年2月5日(金曜日)
(土・日・祝日、年末年始を除く)

経費の3分の1
(上限100万円)

 

要綱・要領

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

環境局環境保全部環境保全課温暖化対策室

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所4階

電話:043-245-5199

ファックス:043-245-5553

kankyohozen.ENP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)