千葉市立加曽利貝塚博物館 > お知らせ > 博物館からのお知らせ > 令和元年度企画展「あれもE これもE-加曽利E式土器(印旛地域編)-」関連行事「縄文時代研究講座」

ここから本文です。

更新日:2019年11月22日

令和元年度企画展「あれもE これもE-加曽利E式土器(印旛地域編)-」及び関連行事「縄文時代研究講座」

 大正13(1924)年、加曽利貝塚の発掘調査で発見され名前がつけられた「加曽利E式土器」は、縄文時代中期後半に関東を中心に、中部・東北の影響を受けて成立した土器型式の一つです。昨年度よりスタートした加曽利E式土器をテーマとした展示は、今年度は同じ県内の「印旛地域」より出土した土器をご覧いただきます。加曽利貝塚に貝塚が形成されはじめた縄文時代中期の頃の印旛地域はどのような様相だったのか、代表的な遺跡より出土した加曽利E式土器から、その特徴を探っていきます。

展示期間

令和元年11月16日(土) ~ 令和2年3月1日(日)

※会期中に計46点の資料を前半(1/10まで)・後半(1/11から)に分けて展示予定。

開館時間

9:00~17:00(最終入館16:30)

展示場所

加曽利貝塚博物館内 企画展示スペース

休 館 日

毎週月曜日(1/13・2/24は祝日のため開館し、1/14・2/25は休館)
年末年始(12/29~1/3)

展示構成
「印旛地域とは」
「印旛地域各地の加曽利E式土器」
展示資料出土遺跡
佐倉市:寺崎一本松(てらさきいっぽんまつ)遺跡、生谷境堀(おぶかいさかいぼり)遺跡、吉見台(よしみだい)遺跡、池向(いけむかい)遺跡、坂戸念仏塚西(さかとねんぶつづかにし)遺跡、六崎貴舟台(むつさききふねだい)遺跡、神門房下(ごうどぼうした)遺跡、宮内井戸作(みやうちいどさく)遺跡、内田端山越(うちだはやまこし)遺跡、江原台(えばらだい)遺跡
酒々井町:墨木戸(すみきど)遺跡、墨新山(すみしんやま)遺跡
印西市:松崎Ⅲ(まつざきさん)遺跡、松崎Ⅵ(まつざきろく)遺跡、馬込(まごめ)遺跡
四街道市:上野(うえの)遺跡、南作(みなみさく)遺跡、中山(なかやま)遺跡
成田市:キサキ遺跡、長田雉子ヶ原(ながたきじがはら)遺跡、久井崎Ⅱ(くいざきに)遺跡、新山台(しんやまだい)遺跡
展示資料紹介

 

南作遺跡

加曽利EⅡ式深鉢(四街道市南作遺跡出土)

 

 

長田雉子ヶ原遺跡

加曽利EⅢ式深鉢(成田市長田雉子ヶ原遺跡出土)

 

 

六崎貴舟台遺跡

加曽利EⅣ式 瓢箪型注口土器(佐倉市六崎貴舟台遺跡出土)

 

企画展ポスター

 加曾利E式ポスター

 PDFデータはこちら(PDF:1,455KB)

企画展関連行事 「縄文時代研究講座」

  本企画展に関連して、加曽利E式土器についての講演を全3回実施します。

開催日・内容・講師
令和元年12月15日(日)
「県内他地域からみた加曽利貝塚の様相-印旛地域との比較-」
講師:米倉 貴之(よねくら たかゆき)(千葉市教育委員会 加曽利貝塚博物館 学芸員)
令和2年 1月19日(日                                  「加曽利E式に伴う非在地系土器-房総半島の曽利式系土器について-」               講師:大内 千年 氏 (おおうち ちとし)(千葉県教育庁教育振興部文化財課 発掘調査班長)
令和2年 2月23日(日)
「印旛地域の加曽利E式土器」
講師:小倉 和重 氏 (おぐら かずしげ)((公財)印旛郡市文化財センター 庶務課長補佐兼調査係長)
時間

10:30~12:00

会場

千葉市生涯学習センター 地下1階小ホール(中央区弁天3-7-7)

申し込み

不要。当日直接会場までお越しください。

定員

80人

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課加曽利貝塚博物館

千葉市若葉区桜木8丁目33番1号

電話:043-231-0129

ファックス:043-231-4986

kasorikaiduka.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)