千葉市立加曽利貝塚博物館 > お知らせ > 募集情報 > 【開催中止のお知らせ】令和3年度 特別研究講座第2回「縄文時代後期の新視点」

ここから本文です。

更新日:2022年1月19日

【開催中止のお知らせ】令和3年度加曽利貝塚博物館特別研究講座第2回「縄文時代後期の新視点-中葉から後葉への変化-

1月23日(日曜日)に開催を予定しておりました特別研究講座第2回「縄文時代後期の新視点」は、新型コロナウィルス感染拡大の状況を考慮し、中止とさせていただきます。
このたびの開催中止に伴い、受講予定者の皆様をはじめ、関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
なお、ご不明な点等ございましたら博物館(043-231-0129)までご連絡ください。

日 時
令和4年1月23日(日曜日)10時00分~17時15分 【中止】
会 場
千葉市生涯学習センター2階ホール(千葉市中央区弁天3丁目7-7)
内 容
縄文時代後期の環境・集落・土器・祭祀遺物に焦点を当て、後期社会の画期について検討します。
縄文時代研究者に限ることなく、広く日本考古学を学ぶ方々や、興味をお持ちの方々の参加をお勧めします。
また、市民一般の方々にとっては、日本考古学研究の最先端に触れることができる貴重な機会になると思いますので、奮っての参加をお待ちしております。

10時00分~10時30分  趣旨説明・「気候変動と生活世界の変化」
安斎正人氏(元東北芸術工科大学東北文化研究センター教授)
10時30分~12時00分 「下総台地の縄文後期集落―なにがどう変化したか―」
西野雅人氏(千葉市埋蔵文化財センター所長)
13時00分~14時30分 「縄文時代後期中葉土器群の変遷からみた地域間関係」
西村広経氏(松戸市立博物館学芸員)
14時40分~16時10分 「縄文時代後期注口土器にみる変化と画期について」
秋田かな子氏(東海大学文学部准教授)
16時25分~17時15分  質疑応答・総括

定 員
80名 申込者多数の場合は抽選となります。あらかじめご了承ください。
お申込みについて
〇申込期間:12月23日(木曜日)~1月7日(金曜日)
〇申込方法:電子申請のみ(電話・FAX・メールでは受け付けておりません)
〇注意事項:1回の申請につき1名のみの申込となります。
〇当落発表:1月14日(金曜日)ごろまでに、当選者のみに通知(落選者への通知はありません)
電子申請 申込フォームはこちら(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

※新型コロナウィルスの感染状況により、中止となる場合もありますのでご了承ください。その場合、当館ホームページにてお知らせいたします。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課加曽利貝塚博物館

千葉市若葉区桜木8丁目33番1号

電話:043-231-0129

ファックス:043-231-4986

kasorikaiduka.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)