千葉市立加曽利貝塚博物館 > 調査研究 > 令和元年度 加曽利貝塚発掘調査について

ここから本文です。

更新日:2019年10月24日

発掘調査

 「発掘調査日誌」はコチラ!

令和元年度

千葉市では、貝塚として日本初の特別史跡に指定された加曽利貝塚において、半世紀ぶりとなる本格的な発掘調査を平成29年度から行っています。
これまでの調査では、縄文時代晩期の竪穴住居跡から、石剣や耳飾りなど貴重な遺物が見つかるとともに、直径12mを超える大型住居跡の存在が明らかになりました。
このたび、本格調査第3弾として、全貌解明に向けた更なる発掘調査を6月25日(火)から実施しますので、お知らせします。

趣旨・目的

平成29年3月に、これまでの加曽利貝塚の発掘調査の成果を取りまとめた『史跡加曽利貝塚総括報告書』を刊行し、遺跡の全体像を示すことができた一方、集落と貝層の変遷の把握をはじめ、解明すべき新たな課題も明らかになりました。
そこで、本市では加曽利貝塚の構造や形成過程などを解明するため、発掘調査を実施していくこととしました。
令和元年度は、平成30年度に確認した大型住居跡と未調査の竪穴住居跡を調べ、加曽利貝塚の集落の終末期の様相の解明を目指します。また、大型住居跡は儀礼に関わる特殊な遺物が出土することが多く、昨年度見つかった土製耳飾り、石剣に続き、新たな発見が期待されます。

調査期間

令和元年6月25日(火)~12月上旬(予定)9時~16時
※日・月曜日、祝日、7月16日、8月13日~16日、9月17日・24日、10月15日、11月5日は休止。雨天等により休止の場合があります。

調査場所

特別史跡加曽利貝塚 南貝塚 700㎡(東西25m×南北28m)

※平成29、30年度発掘調査地点を含む。

発掘調査場所

調査地点

・25m×28mの範囲の遺構分布状況の確認と一部発掘

・範囲内に含まれる昭和39年調査トレンチの再発掘

調査工程(予定)

1 準備作業           6月 3日(月)~
2 調査開始           6月25日(火)~
3 昭和39年調査トレンチ発掘  7月上旬~
4 排出土のふるいがけ作業    7月上旬~
5 大型住居跡の調査       7月下旬~
6 現地説明会         11月30日(土)
7 記録作業等の終了      12月 7日(土)
8 埋戻し           12月10日(火)~
9 撤去作業          12月17日(火)

調査実施機関

千葉市埋蔵文化財調査センター

発掘担当者(職員)2名・発掘調査員2名・作業員11名 計15名体制
※今年度は新たに非常勤の発掘調査員を2名雇用し、発掘担当者を補助します。

公開

いずれも事前申し込み不要です。実施日に直接現地までお越しください。

発掘担当者による現地ガイド

内容:調査成果の説明を行います。

日時:調査期間中における発掘実施日の14時~14時15分

※加曽利貝塚博物館の開館日には、ボランティアによる園内ガイドを随時行っています。

ふるいがけ体験

内容:調査で出る土をふるいがけし、土の中に含まれている細かい土器や石器などを探す体験を行います。

日時:7月13日~11月16日の期間の土曜日 14時15分~15時

現地説明会

内容:調査の目的や概要の説明、調査成果の説明、出土資料の展示と説明

日時:11月30日(土)①10時~12時 ②13時~15時30分 ※①②の内容は一緒です。

※小雨決行。荒天の場合は翌日12月1日(日)に延期します。

発掘調査現地説明会チラシ

PDF版はこちら(PDF:840KB)

※同日(11/30)17:30から「特別史跡加曽利貝塚ナイトミュージアム」を開催します!

詳しくこちら ⇒ 特別史跡加曽利貝塚ナイトミュージアム

「発掘調査日誌」

当ホームページにて、調査の進捗を適宜公開します。

注意事項

発掘調査の期間中は、園路の一部が通行できなくなりますのでご注意ください。

参考 加曽利貝塚における過去の主な発掘調査

加曽利貝塚の史跡指定地内での発掘調査は平成26年度にも実施していますが、史跡の内容確認を目的とした本格的な発掘調査は昭和47年以来、半世紀ぶり(45年ぶり)となります。

昭和37年

北貝塚東側貝層部2か所の確認調査(加曽利貝塚の重要性を確認し、保存運動を推進するための調査)
※竪穴住居跡や人骨を発見し、北貝塚が縄文中期~後期の集落であることを確認。

昭和39年

南貝塚の貝層部全体を対象とした確認調査(保存運動を推進するための確認調査)
※縄文中期や後期の住居跡や埋葬人骨を発見し、南貝塚に縄文時代晩期の遺構があることも確認。

昭和40~43年

北貝塚の公園整備、博物館整備に伴う事前調査(北貝塚貝層断面観覧施設、住居跡群観覧施設、旧大須賀家住宅移築などの整備に伴う調査)

昭和45~47年

市立老人ホーム建設に伴う予備調査(南貝塚東側傾斜面一帯の遺構を確認するための確認調査)

※縄文前期~後期の住居跡などを発見し、傾斜面一帯も縄文集落であったことを確認したほか、坂月川に面する東側傾斜面先端を船着場と推定。

平成元~2年

史跡整備に伴う事前調査(南貝塚貝層断面観覧施設、復元集落などの整備に伴う確認調査)

平成24・26年

加曽利貝塚限界確認調査(史跡の範囲を確認するための調査)

※史跡北側の集落の広がりを確認。これを基に平成28年度に追加指定申請。

平成29年~

加曽利貝塚の構造や形成過程解明のための調査(南貝塚、縄文時代晩期の遺構を中心とする発掘調査)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課加曽利貝塚博物館

千葉市若葉区桜木8丁目33番1号

電話:043-231-0129

ファックス:043-231-4986

kasorikaiduka.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)