ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 都市計画・都市景観 > 施策・事業 > 幕張新都心魅力向上 > 幕張新都心魅力向上のための社会実験(10月5日~6日)

ここから本文です。

更新日:2018年4月23日

幕張新都心魅力向上のための社会実験(10月5日~6日)

1.社会実験の目的

千葉市及び千葉県では、昨年度、「幕張新都心の持つ魅力を高めるための県市共同調査」として、幕張新都心の現状分析や地域資源の活用方法、発展可能性などについて調査を行いました。
調査の中で、幕張新都心の賑わいの創出、回遊性の向上等を目的としていくつかのモデルプロジェクトの検討を行いましたが、今回、“街なか利活用”についてさらなる検討を行うため、幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN2012」と連携し、駅前広場などを活用した社会実験を実施します。
本社会実験を通じて得られた結果については、その内容を詳細に分析し、今後の持続可能な取組につなげていきます。

2.社会実験の概要

  1. 名称
    幕張新都心魅力向上のための社会実験
  2. 実施主体
    千葉市、千葉県
  3. 運営主体(委託先)
    ランドブレイン株式会社(公募により選定)
  4. 委託期間
    平成24年9月3日~平成25年1月31日
  5. 委託内容
    1. 幕張新都心魅力向上のための社会実験の実施
    2. 実施結果の検証・考察
    3. 千葉市・千葉県で構成するワーキンググループの運営
    4. 上記A~Cまでを踏まえた実施報告書の作成・納品
  6. 実施スケジュール
    1. 社会実験の実施:平成24年10月~11月
    2. 報告書の提出:平成25年1月

3.社会実験の実施内容

(1)情報発信拠点の設置

実施日時 平成24年10月5日(金曜日)~6日(土曜日)各日9時00分~17時00分
実施場所 海浜幕張駅南口側駅前広場(美浜区ひび野2丁目)
実施内容 駅前広場にブースを設置し、来街者に対して幕張メッセで開催中のイベント
「CEATEC JAPAN2012」に関する情報発信を行い、回遊性の向上を図る。

(2)オープンカフェの設置

実施日時 平成24年10月5日(金曜日)~6日(土曜日)各日9時00分~17時00分
実施場所 メッセモール(海浜幕張駅南側)(美浜区中瀬2丁目2-3)
実施内容 幕張メッセ訪問者を主なターゲットとして、メッセモールに軽食を中心としたキッチンカー、飲食スペースを設置し、賑わいの創出を図る。

実施場所(PDF:186KB)

4.その他

平成23年度に実施した「幕張新都心の持つ魅力を高めるための県市共同調査事業」については、下記をご覧ください。

平成23年度「幕張新都心の持つ魅力を高めるための県市共同調査事業」

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局経済部経済企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所2階

電話:043-245-5273

ファックス:043-245-5558

keizai.EAE@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)