• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年11月26日

令和3年度新規就農アドバンス研修生を募集します ※この募集は終了しました

  千葉市では、既に就農意欲を持ち、他の機関で学び始めている者を対象に、短期間で「即戦力の農業者」を育成する研修を行います。

研修目的

  本研修は1年間の研修期間を通じて、研修終了後、スムーズに千葉市での就農が可能になる講義プログラムを展開し、トマトもしくはイチゴでの新規就農者を育成するものです。大きく「技術」、「経営」、「就農サポート」を軸とした講義を受講し、研修生は専門知識や実践に役立つノウハウを習得していただきます。本研修では講義だけでなく、研修生の自主学習性も重視し、自ら考え、動き、学び、地域に入っていける人材を育成します。

研修内容

研修期間

 令和4年1月12日(水曜日)から令和4年12月20日(火曜日)まで

研修場所

 千葉市農政センター(住所:千葉市若葉区野呂町714ー3)

募集人数

 3人(イチゴ2人、トマト1人)

応募資格

 1 45歳未満(令和4年1月12日現在)

 2 これまでに研修等の経験を積んでいること(農業大学校、民間の農業学校で学んだ者等)

 3 研修中、車で通所が可能であること

 4 農政センターほ場において、栽培から販路までの研修を自ら計画し、自ら実施できること

 5 研修修了後、千葉市内で就農すること

 6 就農後、地域をけん引する農業経営者を目指せること

研修費用

 年間170,000円(税込み)

研修スケジュール・カリキュラム

 1 実習(生産指導)イチゴ 1~5月:収穫、6~8月:片づけ・育苗、9月:定植、10月:栽培管理、11月:親苗定植、12月:収穫 

 2 実習(生産指導)トマト 1月:栽培管理、2~6月:収穫、7、8月:片づけ、9月:播種、10月:鉢上げ、11月:定植、12月:栽培管理

 3 座学講義 年36コマ

 4 現地農家研修 年12回 

 5 技術フォローアップ 年24回

 6 メンターフォロ-アップ 週1回

 7 就農準備(農地探し、設備・資金計画等)

   ※研修状況によりスケジュールは変更する場合があります。

  詳しくは千葉市新規就農アドバンス研修募集要項(PDF:831KB)をご覧ください。

申込み方法

1  提出書類

2 提出方法

  上記1について、必要事項をご記入の上、提出期間内までに以下の申込書類受付先にPDFによるメール送信もしくは郵送してください。

  【申込書類受付先】

   千葉市新規就農アドバンス研修事務局

   株式会社マイファーム(担当:萩原、加藤、杉原)

   〒108-0073 東京都港区三田二丁目14番5号フロイントゥ三田508号

   電話:03-6435-9675 E-mail:chiba-advance@myfarm.co.jp

3 提出期限

  令和3年10月29日(金曜日)午後5時まで

      なお、郵送の場合は提出期限日まで必着のこと 

研修生の選考

1 書類による第一選考で決定された者は、健康診断書(様式第6号)(ワード:24KB)を提出していただきます。

2 面接等による第二次選考で決定された者は、納税証明書及び誓約書(様式第7号)(ワード:24KB)を提出していただきます。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業経営支援課

千葉市若葉区野呂町714-3 千葉市農政センター内

電話:043-228-6271

ファックス:043-228-3317

keieishien.AAC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)