• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年8月22日

千葉市乳牛育成牧場 利用案内

1.入牧時期(年4回)

入牧時期
入牧時期 入牧頭数 入牧該当牛

6月

15頭

前年12月~当年2月生

9月

15頭

当年3月~5月生

12月

15頭

当年6月~8月生

3月

15頭

前年9月~11月生

2.育成牛入牧要領

  1. 牧場においては、千葉市の酪農振興計画達成のため基礎牛となるに必要な乳牛を原則として育成する。
  2. 育成牛は、生後120日を経過したもので、日本ホルスタイン登録協会の「ホルスタイン発育標準」に近い発育をしているもので、乳牛としたの特徴を備えた優れた体質のものでなければならない。
  3. 過去に乳牛の法定伝染病、その他悪性伝染病の発生のない畜舎から生産された乳牛でなければならない。

3.結核・ブルセラ病検査等

市内酪農家の乳牛導入が広域的になり、伝染病発生の懸念があるため、入牧申し込み牛について下記検査等を実施する。
(結核病、ブルセラ病、ヨーネ病(入牧後)、ネオスポーラ病、ウイルス性下痢・粘膜病(BVD-MD) )の各検査及び体格検査)

4.育成委託料(18か月内預かり)

  • 入牧時 100,000円
  • 15か月令時 100,000円
  • 下牧時 100,000円

5.利用許可申請

利用する月(入牧時期)の前月の20日までに指定管理者(千葉酪農農業協同組合)へ利用許可申請書を提出する。

6.問い合わせ先

千葉市乳牛育成牧場
〒265-0041 千葉市若葉区富田町983-1 TEL・FAX:043-228-0175

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業生産振興課

千葉市若葉区野呂町714-3

電話:043-228-6278

ファックス:043-228-3317

seisanshinko.AAC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)