ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 農林業 > 千葉市農政センターの取組み > 事業のご紹介 > 千葉市で新しいカトレアが誕生しました!「カトレア ムラサキノウスヨウ 紫苑」

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年2月28日

千葉市で新しいカトレアが誕生しました!「カトレア ムラサキノウスヨウ 紫苑」

カトレア ムラサキノウスヨウ千葉市では、市内の洋ラン生産農家と共同で、新品種を開発する取り組みを行っています。
平成24年度、その取り組みの中から特にすばらしいカトレアの花(左の写真)が得られました。気品ある甘い香りの、淡く清楚な紫色の花を咲かせる、中型のカトレアです。

この交配は英国王立園芸協会に未だ登録されていない交配であったため、平成25年5月23日に「Cattleya Murasakino usuyou」として交配種登録しました。
また、この交配によってできた多くの実生株のうち、写真の個体について愛称(個体名)を公募し、122件の応募の中から「紫苑」(しおん)に決定しました。
今後千葉市では、本個体(写真):「Cattleya Murasakino usuyou ‘紫苑’」のクローン苗を生産し、商品化を進めます。なお、カトレアの育成には大変長い年月が必要であり、販売開始は2020年以降になる見込みです。

※カトレアの新品種の開発について詳しく知りたい方は、下記資料をご覧ください。

カトレア ムラサキノ ウスヨウ ‘紫苑’という名前について

ランの名前は学名で標記することが大半です。学名は、「属名」と「種小名」の組み合わせからなります。

ランの学名の付け方
属名 種小名 個体名(愛称)
Cattleya(カトレア) Murasakino usuyou(ムラサキノ ウスヨウ) '紫苑'(しおん)

名前についてCattleya Murasakino usuyou ‘紫苑’」の場合、属名は「Cattleya」(カトレア)です。ランの仲間には、他にもファレノプシス属(コチョウラン)やバンダ属、ミルトニア属などたくさんの属があります。

種小名は「Murasakino usuyou」(ムラサキノ ウスヨウ)です。種小名は同じ交配でできた全ての花に適用されます。原種(野生種)以外では「交配種名」とも言います。
ランの仲間は特に、同一の交配(同じ種小名(交配種名))であっても花の色などの性質に個体差が大きいという特徴があります。下の写真の花は、すべて「Murasakino usuyou」です。

兄弟株

個体名は「紫苑」(しおん)です。「個体名」とは、同種の中でも花の色などに特徴がある特定の個体を指す際に使われます。花の色や形、株の形、香りや生育など様々な面で優れた特徴をもつ株(紫苑)について皆さんに知っていただき、親しんでいただくため、個体名=愛称として公募により決定しました。

種小名「Murasakino usuyou(ムラサキノ ウスヨウ)」

紫の薄様の説明「紫の薄様」とは、平安時代の女房装束における、襲(かさね)の色目の一つ。五つ衣の上を紫にして、薄紫・白としだいに淡くするもの。
簡単に言うと、平安時代、宮廷に仕える女官たちが着物を重ね着したときの配色の名前で、重ねた着物の上から下へ、紫色から白のグラデーションになっている様。
上品な雰囲気や花色がよく似ていたため、名づけました。

愛称(個体名)「紫苑(しおん)」

ホームページや三陽メディアフラワーミュージアムで愛称(個体名)を募集をしたところ、全国の皆様から122件の応募をいただきました。その中から最終的に選ばれた愛称が、「紫苑」(しおん)です。
この作品は「花色のやさしげな紫と可憐な様子から、「紫苑」という名が浮かびました。」と、宮城県仙台市在住の60代女性が応募してくださったものです。

英国王立園芸協会への交配登録について

Cattleya Murasakino usuyou の交配及び交配種名を世界的に通用するものにするため、英国王立園芸協会へ交配種登録を申請し、平成25年5月23日に登録されました。

※英国王立園芸協会への交配種登録について

ランの交配を世界的に系統立てて掌握することを目的としています。登録された交配種は「サンダーズリスト」で管理され、ランの育種家の間で世界的に参考にされています。サンダーズリストにはラン科植物の交配種の登録名・交配親・登録年度・登録者などが収録されており、インターネットによる検索も可能です。


※その他の千葉市で育成した品種については、育成品種紹介のページをご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業生産振興課

千葉市若葉区野呂町714-3

電話:043-228-6278

ファックス:043-228-3317

seisanshinko.AAC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)