• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年6月18日

正しい食品の品質表示


平成27年4月1日から、JAS法、食品衛生法及び健康増進法の食品表示に関する規定を統合した食品表示法が施行されました。

食品関連事業者等の皆さんは、食品表示法に基づき定められた食品表示基準等に従い、適正な表示を行ってください。なお、食品表示法の施行に伴う表示制度の主な変更点は以下のとおりです。

  • 加工食品と生鮮食品の区分の統一
  • 製造所固有記号の使用に係るルールの改善
  • アレルギー表示に係るルールの改善
  • 栄養成分表示の義務化
  • 原材料名表示等に係るルールの変更
  • 表示レイアウトの変更

各項目についての詳細は、消費者庁のホームページをご覧になるか、または、このページの下部に記載されている相談窓口にお問い合わせください。

食品表示基準等については、下記のリンクをご覧ください。

食品表示基準について(消費者庁)(外部サイトへリンク)

また、加工食品及び添加物は、令和2年(2020年)3月31日まで経過措置期間が設けられています。

さらに、食品表示法以外にも、次の法律に基づいて表示する必要があります。

・不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)・・・虚偽、誇大表示の禁止

・計量法・・・内容量等の表示に関する法律

食品の品質(原材料や原産地等)表示を知っていますか

皆さんが、スーパーマーケットや食品販売店で野菜や魚などの生鮮食料品、お米、加工食品を買うとき、名称や原産地などが表示されていることにお気付きですか。生鮮食品の原産地や、国内で製造された全ての加工食品の原材料の原産地について、食品表示基準等に基づき表示することが義務付けられています。

  • すべての生鮮食料品には、名称と原産地の表示が義務付けられています。

輸入品は原産国名、国内産は都道府県名などを表示します。

  • 国内で製造された加工食品は、一番多く使用された原材料(原材料に占める重量割合第1位)の原産地を表示します。

こうした表示は、お店の中に表示したり、容器や包装にシールを貼り付けたりして行われています。

加工食品の原料原産地表示が義務化されました。(平成29年(2017年)9月1日改正)移行猶予期間は令和4年(2022年)3月31日までです。

食品の品質(原材料や原産地等)表示に関する相談窓口

経済農政局農政部農政課流通支援班

電話:043-245-5758

衛生事項(名称、添加物、保存の方法、消費(賞味)期限、製造所名称及び所在地、アレルゲンなど)については、保健所食品安全課食品調査班(電話043-238-9937)、
保健事項(栄養成分表示、特別用途食品(特定保健用食品等)の表示など)については、保健所食品安全課管理栄養班(電話:043-238-9924)に、それぞれお問い合わせください。

食品の表示について(千葉市保健所ホームページ)

 

農政課のページに戻る


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5758

ファックス:043-245-5884

nosei.EAA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)