ホーム > しごと・産業 > しごと・産業・企業立地 > 農林業 > 令和元年台風15号で被災した農業者の皆様へ

ここから本文です。

更新日:2019年10月31日

令和元年台風15号で被災した農業者の皆様へ

 

相談窓口について

・野菜、果樹、花き等の農業者の方は  ☎043-228-6278
・水稲、畜産等の農業者の方は ☎043-228-6282
・融資や収入保険をお考えの方は ☎043-228-6273

 

  台風15号により被災された農業者に対する支援制度説明会のご案内

 補助金などの各種助成制度を案内いたします。 

  日  時 場  所
第1回目

令和元年10月30日(水)

17:00~

千葉市農政センター内

農林業センター2階会議室

(千葉市若葉区野呂町714-3)

第2回目

令和元年11月 1日(金)

17:00~

千葉みらい農業協同組合

幕張支店2階会議室

(千葉市花見川区武石町1-136)

 ※説明会は2回行いますが、内容は同じです。ご参加いただけなくても事業要望を挙げることに影響はありません。

内 容

1.農業施設・機械の復旧等「強い農業・担い手づくり総合支援交付金」
令和元年度台風15号により被害を受けた、農産物の生産・加工に必要な施設・機械の復旧を緊急的に支援します。
(1)助成対象者
令和元年台風15号により農業用施設等に被害を受けた農業者
(2)支援内容
ア 農産物の生産・加工に必要な施設の再建・修繕(必要な資材を購入して自ら再建・修繕する場合を含む)(例)農業用ハウス、果樹棚、畜舎、農業用施設(農機具格納庫や農業資材倉庫)、堆肥製造施設、加工施設、加温用ボイラー、搾乳機、水耕栽培用ベンチなど
イ 農業用機械・農産物加工用機械の取得・修繕
(例)トラクター、田植機、コンバイン、穀物乾燥機など(※消耗品は対象外)
ウ 農産物の生産に必要な施設の撤去(解体、運搬、処理など)
(3)補助率
ア 施設の再建・修繕、機械の取得・修繕  補助金:最大90% 
イ 施設の撤去              補助金:最大100%
※共済加入者は自己資金に共済金を充てることで、自己資金を実質0%にできる場合があります。
(4)必要書類
・り災証明書  ・被災写真
・金額と日付が分かる書類(見積書、発注書、納品書、請求書、領収書など)
(5)主な要件
・農業経営の継続  ・園芸施設共済等への加入(共済引受対象の施設は必須)
【お問い合わせ】
農政センター 農業生産振興課  園芸班 ☎043-228-6278(野菜、果樹、花き等)
農政センター 農業生産振興課 農畜産班 ☎043-228-6282(水稲、豆類、畜産等) 

2.長期停電による「農畜産物被害損失補償」
過去に例の無い長期停電により被害を受けた農業者が営農意欲を失わず、経営再建できるよう、農畜産物の被害の補償をします。
(1)助成対象者
令和元年台風15号による長期停電で農畜産物に被害を受けた農業者
(2)支援内容
【例】長期停電➡水耕施設の養液停止による野菜の廃棄、出荷できず生乳を廃棄など
(3)補助率
補助金:最大50%(対象となる逸失利益から) 
(4)主な要件
・台風15号の長期停電による被害であること
・収入保険制度への加入や発電機を装備するなど、今後の自然災害に備えること
【お問い合わせ】
農政センター 農業生産振興課  園芸班 ☎043-228-6278(野菜、果樹、花き等)
農政センター 農業生産振興課 農畜産班 ☎043-228-6282(水稲、豆類、畜産等)

3.収入保険加入促進事業
千葉市では、農業経営の安定を図るため、平成31年1月から新たに導入された収入保険に加入する農業者の初年度掛金(掛捨て保険料)の一部を助成します。
(1)助成対象者
青色申告を行っている市内農業者(個人・法人)
(2)支援内容
令和元年12月末までに新規に収入保険に加入された方の初年度掛金の一部を助成
(3)補助率
補助金:最大30%(保険料全体から) 
(4)収入保険とは
収入保険に加入することで、農家ごとの平均収入の8割以上の収入が確保されます。
(5)その他
収入保険は、収入減少影響緩和対策(ナラシ)、野菜価格安定化対策、農業共済と重複して加入できません。また、保険加入手続きは、12月になると混雑が予想されるため、11月中に行うようお願いいたします。
【お問い合わせ】
けいよう農業共済組合 収入保険担当     ☎043-232-3722(収入保険の加入について)
農政センター 農業経営支援課 担い手育成班 ☎043-228-6273(収入保険加入促進事業について)
 

※補助事業等を申請する際には、被災状況を証明する必要があるため、農業用施設や農作物の被災状況をデジタルカメラ、スマートフォン等で撮影し、画像データ及び写真を保存しておいてください。また、施設の修復等を行った場合は、関係する発注書、納品書、請求書、領収書等を保管しておいてください。

 

台風被害による農業用ハウス等廃棄物の処理について

この度の台風15号により、被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

台風によって、被災した農業用ハウス等廃棄物の処理を、下記のとおり実施しますのでお知らせします。

事故等には十分にご注意をいただき、廃棄物を分別の上、搬入をお願いいたします。

 廃ビニール・廃ポリ、破損ガラスについて

● 廃ビニール及び廃ポリ(PO)(パイプハウス用):無料
※農業用廃プラスチックの搬入は、土などを除去し、つづら折り、80㎝×40㎝
約10㎏程度の大きさに束ねるようお願いします。
● 破損ガラス(ガラス温室用):無料
※飛散しないように、まとめるようお願いします。

場 所:千葉市農政センター(若葉区野呂町714-3)廃プラスチック置き場 
日 時:日曜日、火曜日、水曜日 10:00~14:00 11月27日(水)まで
※ 事前に千葉市園芸協会に電話予約(043-228-7111)してください。
(電話予約受付時間は、月曜日を除く9:00~17:00)

金属パイプについて

● 金属パイプ類(組立用の留め金具含む):無料
※素材別に分別し、自ら荷降ろしするようお願いします。

場 所:新浜リサイクルセンター(中央区新浜町4)
日 時:10月16日(水)以降、毎週水曜日 9:00~11:30 11月27日(水)まで
※ 搬入予定日の前日午前11時までに、千葉市農政課に電話予約(043-245-5757)
してください。(電話予約受付時間は、月曜~金曜 9:00~17:00)

【注意事項】

搬入する廃棄物は、今回の台風により被災した農業用ハウス等の廃棄物に限ります。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

経済農政局農政部農政センター農業生産振興課

千葉市若葉区野呂町714-3

電話:043-228-6278

ファックス:043-228-3317

seisanshinko.AAC@city.chiba.lg.jp

経済農政局農政部農政課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター2階

電話:043-245-5757

ファックス:043-245-5884

nosei.EAA@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)