ホーム > 市政全般 > 環境・都市計画 > 道路 > バリアフリー基本構想 > 16.モノレールちしろだい地区

ここから本文です。

更新日:2012年9月10日

16.モノレールちしろだい地区

地区別整備計画

地域拠点として位置付けられている本地区は、モノレールちしろだい駅(乗降客数8600人/日)を中心とし、警察署・福祉施設・文化教育施設や大型商業施設等の集積により市民の日常生活の核となっている。本地区において、高齢者・しんたい障害者等が安全・安心、円滑、快適な移動が行えるよう、以下の性格を持つ経路のバリアフリー化を図る。

  • モノレールちしろだい駅からコミュニティセンターや図書館などの文化施設、福祉施設や警察署までの移動に利用する経路。
  • モノレールちしろだい駅前広場。

個別事業計画

  • 歩行空間の整備・確保 150メートル
  • 段差・傾斜・勾配の改善(全面改良) 180メートル
  • 段差・傾斜・勾配の改善(スパイラルアップ) 6箇所
  • 視覚障害者誘導用ブロックの設置 3000メートル
  • 透水性舗装化(アスファルト) 10700平米
  • 案内標識の設置(大型) 1箇所
  • 案内標識の設置(小型) 3箇所

このページの情報発信元

建設局土木部土木保全課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所6階

電話:043-245-5386

ファックス:043-245-5579

dobokuhozen.COP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)