ホーム > しごと・産業 > 市が発注する仕事 > 入札情報等 > その他の入札情報 > 総合評価落札方式 > 【建設工事】令和2年度(今年度)新型コロナウイルス感染拡大防止等のための総合評価落札方式の運用について

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年7月1日

【建設工事】令和2年度(今年度)新型コロナウイルス感染拡大防止等のための総合評価落札方式の運用について

(令和2年4月10日掲載 令和2年7月1日最終更新)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、企業の基礎点制度申請の申請期間の延長および講習会等の開催が中止となっていること等に対する総合評価落札方式の運用について掲載します。

 

1.技術者の基礎点:安全活動への取組状況
2.技術者の基礎点:配置予定技術者の資格等のうち、CPD(S)制度の取得実績

3.「企業」基礎点制度申請:事前申請期間の延長

※令和2年度の基礎点制度事前申請受付は終了しました。 

1.技術者の基礎点:安全活動への取組状況 

総合評価落札方式における「企業の施工能力」を評価する評価項目に「安全活動への取り組み状況」があり、入札公告日の過去5年間に、配置予定技術者が安全に関する講習会を受講している場合に、加点評価となります。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために国からイベントの開催自粛要請がなされた令和2年2月27日以降、安全に関する講習会の開催が取りやめとなっている事例が確認されております。そのため、当面の間、平成27年2月27日以降の受講実績があるものについては、受講日が公告日から5年以上経過していても加点評価の対象とします。

(例:令和2年5月11日公告の場合)

参考図

技術者基礎点制度申請の方法

総合評価落札方式ガイドライン(令和2年4月1日)のP79の入力画面参照

  • 令和元年度(平成31年度)に、技術者の基礎点制度申請を実施した技術者の場合

安全に関する講習会の受講実績があった技術者は、その内容が自動的に表示されます。
その際、平成27年2月27日~平成28年3月31日の間に受講実績があった技術者については、一律に受講日が「平成28年3月31日」と表示されます。
これにより、当面の間は、受講日が過去5年間を過ぎていても「入札公告日の過去5年間に、配置予定技術者が安全に関する講習会を受講している」ものとして、加点評価されます。
表示内容を確認の上、添付ファイルをつけずに、そのまま「保存」してください。

  • 令和元年度(平成31年度)に、技術者の基礎点制度申請を実施していない技術者の場合

総合評価落札方式ガイドライン(令和2年4月1日)のP79の入力画面参照

平成27年2月27日~平成28年3月31日の間に安全に関する講習会の受講実績がある技術者については、受講日を安全に関する講習会の受講実績があった技術者は、受講日を「平成28年3月31日」と記入してください。これにより、当面の間は、受講日が過去5年間を過ぎていても「入札公告日の過去5年間に、配置予定技術者が安全に関する講習会を受講している」ものとして、加点評価されます。

受講証明書および必要に応じて講習会カリキュラム等を添付してください。

(参考)評価基準

評価項目分類 評価項目 評価項目詳細 評価基準 配点
企業の施工能力 安全活動への取組状況 過去5年間における安全に関する講習の受講実績または建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)の取組み実績 過去5年間において、配置予定技術者が安全に関する講習会を受講している。または過去5年間において、建設業労働安全衛生マネジメントシステムの取組み実績がある。 1
実績なし 0

※安全に関する講習会の詳細は、総合評価落札方式ガイドライン(令和2年4月1日)のP72~76をご確認ください。

2.技術者の基礎点:配置予定技術者の資格等のうち、CPD(S)制度の取得実績 

総合評価落札方式における「企業の施工能力」を評価する評価項目に「過去1ヵ年度間のCPD(S)制度の取得実績」があり、入札公告年度の前年度に13単位以上の取得実績がある技術者、加点評価となります。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために国からイベントの開催自粛要請がなされたことから、CPD(S)の単位取得機会となる講習会が開催されない事例が確認されております。また、令和元年度は台風等被害への災害復旧に多くの技術者に携わっていただいたことから、単位取得機会を奪われてしまった技術者がいることも想定されます。そのため、令和元年度のCPD(S)実績が13単位に満たなかった技術者について、平成30年度の1年度間のCPD(S)実績が13単位以上ある場合については、加点評価の対象とします。

技術者基礎点制度申請の方法

総合評価落札方式ガイドライン(令和2年4月1日)のP71の入力画面参照

令和元年度のCPD(S)実績が13単位に満たなかった技術者が、平成30年度の1年度間のCPD(S)実績が13単位以上ある場合については、「取得単位数」で「13単位以上」を選択し、証明書類として、平成30年度にCPD(S)運営団体が発行した実績証明書を添付してください。該当する技術者が、令和元年度に基礎点申請をしている技術者であっても証明書の添付が必須です。

(参考)評価基準

評価項目分類 評価項目 評価項目詳細 評価基準 配点
企業の施工能力 配置予定技術者の資格等 過去1ヵ年度間のCPD(S)制度の取得実績 過去1カ年度間に千葉市が認定する運営団体のCPD(S)制度において13単位以上の取得実績がある。 1
実績なし 0

※CPD(S)制度の詳細は、総合評価落札方式ガイドライン(令和2年4月1日)のP70をご確認ください。 

3.「企業」基礎点制度申請:事前申請期間の延長  

令和2年度の基礎点制度事前申請受付は終了しました。 

「企業」基礎点制度申請の事前申請期間を延長します。

(当初)4月15日(水曜日)~4月24日(金曜日)
(変更)4月15日(水曜日)~5月21日(木曜日)

【建設工事】「企業」基礎点制度事前申請のご案内のページへ

 

このページの情報発信元

建設局土木部技術管理課

千葉市中央区千葉港1番1号 本庁舎6階

電話:043-245-5367

ファックス:043-245-5573

gijutsukanri.COP@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)