ホーム > くらし・地域・手続 > 上下水道 > 下水道 > 「市制100周年記念デザインマンホール蓋」についてのお知らせ

ここから本文です。

更新日:2021年7月16日

「市制100周年記念デザインマンホール蓋」についてのお知らせ

千葉市は、1921年1月に市制を施行してから、2021年で100周年を迎えました。
この市制100周年を記念して作成するデザインマンホール蓋の情報をアップします。

「かそりーぬデザイン」「ちはなちゃんデザイン」「かわうそ一家デザイン」マンホール蓋を設置しました。(7月16日更新)

「市制100周年記念デザインマンホール蓋」5種類のうち、「かそりーぬデザイン蓋」「ちはなちゃんデザイン蓋」「かわうそ一家デザイン蓋」の3種類について、2021年7月14日(水曜日)に設置しましたので、お知らせします。

なお、今回の設置で、市制100周年記念デザインマンホール蓋は全て設置完了となります。

かそりーぬデザイン蓋について

かそりーぬ写真

 「かそりーぬ」は平成26年7月3日に、加曽利貝塚PR大使に  任命されました。 

 縄文時代中期の「加曽利E式土器」を頭にかぶり、貝塚で一番数の多い「イボキサゴ」という貝の首飾りをつけています。

 この「かそりーぬ」と、加曾利貝塚を描いたデザインとなっています。

 

 

かそりーぬデザイン蓋の設置場所について

かそりーぬ設置個所 かそりーぬデザイン蓋は、モノレール桜木駅南側(1番出入り口を降りて、千城台方面)の歩道に設置しています。

 詳しい設置場所は、「35.630632,140.162077」の座標で検索すると調べることができます。

 

 

ちはなちゃんデザイン蓋(千葉公園内)について

ちはなちゃん(千葉公園)写真 千葉公園内のハス池に群生しているオオガハスの歴史は古く、1952年(昭和27年)に弁天池(綿内池の一角)に移植されました。

 その後、1993年(平成5年)にハス池が整備され、同年に大賀ハスが市の花に決定したことと、千葉市が政令指定都市 (平成4年) になったことを記念して、千葉公園内に蓮華亭が建てられました。

 このオオガハスをイメージしたキャラクター「ちはなちゃん」と、千葉公園内にある蓮華亭を描いたデザインとなっています。

ちはなちゃんデザイン蓋(千葉公園内)の設置場所について

ちはなちゃん設置個所 ちはなちゃんデザイン蓋は、千葉公園内にある蓮華亭付近に設置しています。

 詳しい設置場所は、「35.618500,140.116586」の座標で検索すると調べることができます。

 

かわうそ一家デザイン蓋について

かわうそ一家蓋 千葉市では、下水道の普及によりきれいな川や海が復活することを願い、平成7年にカワウソを下水道キャラクターとし、千葉市下水道イメージキャラクター「かわうそ一家」を作成しました。
・アクア(パパ):下水道のことをよく知っている、もの知りパパ
・クリーン(ママ):とてもきれい好きなママ
・かわチャン(女の子):下水道にたいへん興味がある女の子

 この「かわうそ一家」と、千葉みなとの町の風景を描いたデザインとなっています。

かわうそ一家デザイン蓋の設置場所について

千葉みなと駅 かわうそ一家デザイン蓋は、千葉みなと駅西口(海側)出入り口付近の歩道に設置しています。

 詳しい設置場所は、「35.607163,140.102113」の座標で検索すると調べることができます。

 

 

 

初音ミクデザインマンホールカードの配布延期について。(7月12日更新)

現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、配布開始を見合わせている「初音ミクデザインマンホールカード」につきまして、配布開始日を検討しておりますが、この度、まん延防止等重点措置が延長されたことから、未だに配布開始が難しい状況です。

楽しみにお待ちいただいているところ、大変申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。

より良い形で配布できるよう、検討を進めてまいりますので、ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

なお、カードの配布開始時期が決まり次第、改めてこちらのホームページでお知らせいたします。

マンホールカード第14弾41種を4月25日に配布開始(千葉市では当面の間配布を見合わせます)(外部サイトへリンク)

初音ミクデザインマンホール蓋を設置しました。(3月29日更新)

「市制100周年記念デザインマンホール蓋」5種類のうち、初音ミクデザイン蓋について、2021年3月23日(火曜日)に設置しましたので、お知らせします。

その他の3種類の情報については随時お知らせします。

初音ミクデザイン蓋について

初音ミクアップ

「初音ミクデザイン市章」は、千葉市がポップカルチャーを振興する取り組みの一環として、2017年に『初音ミク「マジカルミライ 2017」』を応援した際、以前から千葉氏の家紋「月星紋」と千葉の「千」を配した市章と「初音ミク」が似ていると話題になっていたことをきっかけに作成したものです。

背景は、オオガハスをイメージしたピンク色とし、周りに音楽をイメージした鍵盤を描いたデザインとなっています。

 

初音ミクデザイン蓋の設置場所について

初音ミク設置場所初音ミクデザイン蓋は、幕張メッセ幕張イベントホール前の歩道に設置しています。

詳しい設置場所は、「35.649090,140.034621」の座標で検索すると調べることができます。

ちはなちゃん(JR新検見川駅前)デザインマンホール蓋を設置しました。(3月10日更新)

「市制100周年記念デザインマンホール蓋」5種類のうち、ちはなちゃん(JR新検見川駅前)デザイン蓋について、花見川区役所による「オオガハス案内マップ」の設置に合わせ、2021年3月8日(月曜日)に設置しましたので、お知らせします。

ちはなちゃん(JR新検見川駅前)デザイン蓋について

ちはなちゃん(新検見川駅)アップ

大賀蓮(オオガハス)は、1951年(昭和26年)に現在の東京大学検見川総合運動場敷地内から約2千年前のハスの実が植物学者・故大賀一郎博士らにより発見され、翌年開花したハスです。「世界最古の花」として知られており、市の花に制定されているほか、「検見川の大賀蓮」として県の天然記念物に指定されています。

このオオガハスをイメージしたキャラクター「ちはなちゃん」と東京大学検見川総合運動場敷地内にあるオオガハス発掘記念碑を描いたデザインとなっています。

 

ちはなちゃん(JR新検見川駅前)デザイン蓋の設置場所について

ちはなちゃん(新検見川駅)設置場所ちはなちゃん(JR新検見川駅前)デザイン蓋は、JR新検見川駅南口の階段を降りてすぐの歩道に設置しています。

詳しい設置場所は、「35.651639,140.073194」の座標で検索すると調べることができます。

 

 

 

緊急事態宣言が発出されたことから、「市制100周年記念デザインマンホール蓋」の設置を延期します。(2月4日更新)

2020年12月16日(水曜日)に発表した「市制100周年記念デザインマンホール蓋を公開します!」で、マンホール蓋を1月下旬から順次設置するとお伝えしていましたが、緊急事態宣言が発出されたことから、当面の間、延期しますので、お知らせします。

2020年12月16日発表資料:「市制100周年記念デザインマンホール蓋」を公開します!(PDF:190KB)

「市制100周年記念デザインマンホール蓋」を先行公開しました。(2月4日更新)

2020年12月18日(金曜日)~12月20日(日曜日)に開催された『初音ミク「マジカルミライ2020」』で、「初音ミクデザインマンホール蓋」の実物のほか、4種類をパネルにより展示しました。

メディア向け先行公開の様子(外部サイトへリンク)

2020年11月20日発表資料:千葉市が幕張メッセで開催のイベント『初音ミク「マジカルミライ2020」』を応援!~全国初の初音ミクデザインマンホール蓋を公開!1日限定で市ホームページデザイン変更等~(PDF:481KB)


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

建設局下水道建設部下水道計画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所7階

電話:043-245-5415

ファックス:043-245-5563

keikaku.COC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)