ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > 建設局 > 建設局長のメッセージ一覧 > 「土木の日」イベントと道路施設への壁画事業

ここから本文です。

更新日:2019年11月25日

「土木の日」イベントと道路施設への壁画事業

建設局長の佐藤です。

台風15号、19号、また10月25日の大雨により被害にあわれた皆さまに心からお見舞い申し上げます。
今回の一連の災害では、大量の倒木、道路冠水、浸水被害、土砂崩れなど多数の被害が発生しました。
現在、早期に応急復旧を完了させるため、土木事務所などが日々、現場対応に取り組んでいます。また、国の災害復旧事業予算を活用しつつ本復旧工事を可能な限り速やかに完了させるとともに、今回の災害を教訓に、災害時の早期復旧に向けた取り組みを今後も継続していきます。

 台風災害1 台風災害2 台風災害3

「土木の日特別企画」《はたらく くるま》みんなあつまれ!

さて、今回は、土木・道路に関する2件のイベントについて紹介します。はじめに、今年で2回目となる「土木の日」イベントについてです。

11月18日の「土木の日」に併せて、みなさんに土木との触れ合いを通じて、土木技術および土木事業に対する認識と理解を深めていただくために開催したものです。

今年のテーマは「はたらく くるま みんな あつまれ!」

今年は、「はたらく くるま みんな あつまれ!」をテーマに、普段は間近で見られない「ホイールローダー」などの土木作業車両の展示のほか、お仕事体験やお子様向けのぬり絵などの催しに約600名の方に参加していただきました。

かそりーぬ・アクア・クリーン・モリ夫くんが集結

なんと今回は、初めてのキャラクターコラボ企画で、加曽利貝塚PR大使の「かそりーぬ」、下水道キャラクターの「アクア」と「クリーン」、市税キャラクターの「モリ夫くん」と4人が集結して、みなさまをお出迎えしました!


当日は天気もよく、市役所駐車場に集まった多くの子どもがヘルメットかぶり、土木作業車両を目を輝かせて見ていただき、職員一同、参加者と一緒に楽しむことが出来ました。

土木の日イベント1 土木の日イベント2 土木の日イベント3 土木の日イベント4 土木の日イベント5 土木の日イベント6 土木の日イベント7 土木の日イベント8


道路施設への壁画事業

 次は、今年で14年目を迎え、毎年恒例となった道路施設への壁画事業についてです。
千葉市では、トンネルやよう壁など道路施設への落書き防止対策として、テーマの選定からペイントまでの全てを地元の中学生が行う、壁画作成に取り組んでいます。

今年は泉谷中学校(緑区)美術部のみなさんが中心

今年は、緑区の「泉谷中学校」美術部のみなさんが中心となって、おゆみ野中央4丁目にある「四季のみち(中の道)」のボックス施設に2日間をかけて見事に描き上げました。
壁画が描かれた場所は小学生や中学生が通学路として使用していることもあり、おゆみ野のことをもっと知ってもらいたいとの思いから、テーマは「おゆみ野」となりました。

壁画のテーマは「おゆみ野」

この壁画のデザイン画作成にあたっては、生徒自ら地域に住まわれる方々へのインタビューや地域の歴史について調査研究を行うなど、「ホタル」や「三角屋根」のおゆみ野らしさを約100平方メートルの大きなキャンパスに表現した素敵な壁画となっています。
この四季のみち(中の道)は、通学路のほか通勤や散歩など多くの方が利用する遊歩道であることから、地域ゆかりの壁画を通じ、市民の皆さまが親しみを持って利用して頂けるものと期待しております。

また、使用したペンキの提供や調合作業は、今回も千葉市中央塗装協同組合にボランティアでご協力いただきました。

建設局では、今後も市民の皆さまと協力しながら、このような事業を通じ、安全・安心のまちづくりに一層取り組むとともに、千葉市の魅力向上に努めて参ります。

 壁画事業1 壁画事業2 壁画事業3 壁画事業4

  •  

このページの情報発信元

建設局 建設総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所6階

電話:043-245-5365

ファックス:043-245-5561

somu.CO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)