ここから本文です。

更新日:2020年6月2日

出水期を迎えるにあたって

建設局長の出山です。

 

先日、新型コロナ感染症対策における緊急事態宣言が解除されましたが、建設局では、市民生活に必要不可欠なインフラ施設を万全な体制で管理するため、引き続き、緊張感を持って、基本的感染対策をはじめ3つの密を避けるなどの対策を実施しております。

 

さて、6月から本格的な出水期を迎えます。

建設局では、過去の浸水被害の経験を踏まえ、集中豪雨や台風などの大雨による冠水等被害を軽減するため、計画的に雨水対策を進めているところであります。

昨年の10月25日の大雨により浸水被害が発生したJR蘇我駅東口や都川周辺では、被害の軽減を図るため、雨水貯留槽の設置など、一部前倒しにより対策工事を行い、早期完成に努めて参ります。

また、大雨により溢水した坂月第2調整池では、付近にお住まいの皆様へ迅速な避難を促すため、7月末を目途に水位計と警報装置を設置し、千葉市ポータルサイトからリアルタイムで水位情報を確認できるようにいたします。

そのほか、道路側溝や雨水集水ますの目詰まりを防ぐため、パトロールを強化するとともに、低地部における道路冠水などを速やかに解消できるよう資機材を準備し、大雨に備えるなど、適正な維持管理にも努めて参ります。

なお、皆様のご家庭でできる浸水被害軽減対策として、「防水板設置工事助成制度」や「宅内の雨水貯留槽と雨水浸透ます設置補助制度」を設けており、防水板(写真1)や市販雨水貯留槽(写真2)などを設置する方に対し、工事費用の一部助成を行っております。

 

建設局では、昨年の災害を踏まえ、新たに打ち出した「災害に強いまちづくり政策パッケージ」に基づき、冠水等対策の強化に努めて参りますので、引き続き、市民の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

写真-1 防水板

防水版

 

写真-2 市販雨水貯留槽

雨水貯留槽

 

◆各制度の詳細につきましては、下記リンク先をご参照ください。

〇防水板設置工事助成制度ホームページ

https://www.city.chiba.jp/kensetsu/gesuidokensetsu/usuitaisaku/bousuiban-annai.html

〇雨水貯留槽と雨水浸透桝設置補助制度ホームページ

https://www.city.chiba.jp/kensetsu/gesuidokanri/eigyo/usui_main.html

 

このページの情報発信元

建設局 建設総務課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所6階

電話:043-245-5365

ファックス:043-245-5561

somu.CO@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)