ホーム > 市政全般 > 組織案内 > 組織から探す > こども未来局 > こども未来局長のメッセージ一覧 > 11月は「児童虐待防止推進月間」オレンジリボンキャンペーン

  • よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2018年11月1日

11月は「児童虐待防止推進月間」オレンジリボンキャンペーン

皆さん、「オレンジリボンキャンペーン(運動)」をご存じですか。

平成16年9月に栃木県で2人の幼い兄弟が虐待を受けて亡くなる事件が起きました。この事件を契機として、オレンジリボンキャンペーンが始まり、現在では全国に広まったものです。

本市においても、昨年度の児童相談所における児童虐待相談の対応件数は約1,100件と、3年連続で1,000件以上となっています。
本年3月にも目黒区で5歳の女児が殺害される痛ましい事件がありましたが、テレビ・新聞等のメディアで取り上げられる悲惨でセンセーショナルなもの以外にも、児童虐待は身近に起きている問題であり、被虐待児童は心に深い傷を負い、その後一生悩まされる事例も少なくありません。

皆様も11月の児童虐待防止推進月間を機に、改めて周囲を見回していただき、次のような虐待のサインに気づいた場合は、すぐに千葉市児童相談所(043-277-8880)又は全国共通ダイヤル『189』(いちはやく)まで、ご連絡ください。

なお、通報していただいた方の秘密は守られます。また、内容が間違っていても構いません。

子どもの様子

親の様子

・いつも泣き叫ぶ声が聞こえる
・不自然な傷や打撲の跡がある
・衣服や体がいつも汚れている
・夜遅くまで一人で遊んでいる など

・よく怒鳴り声が聞こえる
・子どものけがや病気を医者に見せない
・幼い子どもを置いて度々外出している
・子どもの養育に拒否的・無関心 など

 

 「未来へと 命を繋ぐ 189(いちはやく)」
児童虐待は社会全体で解決すべき課題ですので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 ※オレンジリボンキャンペーン 2018


このページの情報発信元

こども未来局こども未来部こども企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5107

ファックス:043-245-5547

kikaku.CFC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)