• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年1月10日

新成人座談会2013の概要

成人を祝う会の式典終了後、市長と参加者が自己紹介を兼ねて一緒に昼食をとり、12時40分からは、座談会会場に移動して円座になり、市の施策や未来の千葉市に望むことについて、活発な意見交換が行われました。

開催概要

開催日時

平成25年1月14日(月・祝) 12時40分~13時40分

参加者

千葉市在住・在勤・在学の新成人(平成4年4月2日~平成5年4月1日生)

  • 「千葉市成人を祝う会」式典発表者・運営協議会委員 2人
  • 公募による参加者 9人
  • 市内大学・企業・団体等からの推薦による参加者 7人

学生や社会人など様々な分野で活躍する、18人が参加しました。

座談会での主な意見

政令指定都市移行と同年に生まれた新成人が『二十歳の私、二十歳の千葉市それぞれの未来』をテーマに座談会を開催しました。

子ども・若者支援・教育関係

  • 子ども交流館を頻繁に利用し、様々な仲間とのつながりができた。同様の施設を拡充し、子ども・若者の交流が深まるような市となってほしい。
  • 千葉市内にも、夜間中学校を設置してほしい。
  • 千葉市には、今後も更なる子ども・子育て支援策への積極的な取組みを期待している。
  • 自分たちで考え、議論した「子どもの居場所」が「こどもカフェ」として実現できたことは嬉しかった。同施設は、異年齢交流や他校の児童・生徒との交流が図れて良い。
  • 子ども・子育て支援・教育問題は、行政や学校に限らず、地域全体で支援できるようになってほしい。
  • 高齢化が進む中、地域力が重要になってくる。仲間意識を学校で養う取組みが必要。
  • オレンジリボンキャンペーンなどで、虐待に対する市民の意識が高まっているが、虐待が減らない事は悲しい。子育て世帯を孤立させない取組みが重要。
  • 子育て世帯優遇制度「チーパス」のような事業は、経済的にはもちろんであるが、社会全体に応援されている気持ちになるので、とても意義があると思う。
  • 部活動・生徒会活動等、学校における協同活動は、仲間づくり、様々な試練に耐えるという事を教えてもらった。社会に出てからも生きる貴重な経験である。
  • 生徒会活動は大変であるが達成感がある。
  • 卒業後、即就職のイメージが強く、進学に不利なイメージや中学校卒業時に自分の将来について、大学進学又は就職という重要な進路について決められないため、工業高等学校へ進学する人が少ない。
※参加者全員が部活動又は生徒会活動を経験し、貴重な経験だったと振り返っていた。

座談会1

交通・環境・都市関係

  • 千葉都市モノレールの料金が高い。例えば、都賀から千城台まで、距離的に考え、270円は高い。
  • 東京からの帰宅の際、JR総武線が津田沼止まりが多く不便、千葉駅までの本数増が必要。
  • 千葉市は、緑が多くて住環境としては良好だと思う。自然を保全する政策を継続してほしい。
  • 千葉港周辺の悪臭が気になる。緑化を強化して空気をきれいにすることが必要。
  • 自分の勤務先では、敷地内の樹木等を地域に寄贈する活動がある。希望があれば、緑化や環境面で役立てることができる。
  • 大網街道など市内の道路の混雑を解消してほしい。
※多くの参加者が千葉市の交通に課題があると感じていた。

座談会2

国際交流・情報政策関係

  • 国際交流協会のような外国人を支援する組織を、小さなエリアで設置し、多くの人たちがボランティアに参加できる仕組みがあるとよい。
  • 高等学校が、国際交流を推進する校風であったため、自分自身が国際交流を身近に感じている。高校生による模擬国連や海外留学、海外からの帰国生および外国人留学生の受入れ等、積極的に取り組んでいた。
  • SNSを活用し、行政からだけではなく、市民から千葉市の良さ(市民だからこそ知っているローカル情報)を発信してはどうか。
  • SNSの利用は、とても便利だが、利用の際は一定のモラルが必要であり、十分な注意が必要。
※多くの参加者が国際交流の活発化、SNSを活用した情報発信が必要であると感じていた。

座談会3

高齢化・市民の声

  • 高い技術を持つ者が高齢化している。その技術を継承する若年層がいない。
  • 介護現場での心配り等の重要性を感じる。
  • 誰もが意見を言える環境を整備してほしい。
※少子高齢化社会へ対する不安や市民として意見を発信する場を考える意見も出ていた。

座談会4

参加者の感想等

  • どの参加者も育ててくれた親や環境に感謝し、自身も将来は地域に貢献できるような人材になりたいという思いを抱いていた。

座談会5

このページの情報発信元

こども未来局こども未来部こども企画課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所1階

電話:043-245-5107

ファックス:043-245-5547

kikaku.CFC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)