• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2020年7月17日

新型コロナウイルス感染予防に係る保育園等の対応について

千葉市内の認定こども園・保育園・地域型保育事業所における対応は以下のとおりとなりますので、お知らせします。

対応

千葉市内の認定こども園(2号児童、3号児童)・保育園・地域型保育事業所について、新型コロナウィルス感染症の拡大により以下の期間で登園自粛をお願いしておりました。

 期間:令和2年4月8日(水)~5月31日(日) 

令和2年5月19日通知

  1. 保育料の減免(令和2年4月・5月分)
    登園を自粛した日数分の保育料は、後日返金します。※詳細は登園自粛要請期間中の保育料の減免について(7月7日一部修正)(PDF:244KB)をご参照ください。
    6月以降の保育料については、当該園で感染者が確認された場合の臨時休園や当該児童が濃厚接触者となった場合などを除き、原則として減免はありません。

    (1)5月分保育料
    ・5月7日(木)から5月31日(日)までの間、保育園等の開園日(土曜日含む)に10日以上お休みいただいた方は、5月分の保育料を全額免除します。
    ・上記の期間、10日未満(土曜日含む)お休みいただいた場合は、日割り計算します。

    (2)4月分保育料
    ・4月8日(水)から5月2日(土)までの間、保育園等の開園日(土曜日含む)に10日以上お休みいただいた方は、4月分の保育料を全額免除します。
    ・上記の期間、10日未満(土曜日含む)お休みいただいた場合は、日割り計算します。

    ※原則として、一度決定済の保育料をお支払いください。
    ※後日、各園から登園自粛に協力いただいた日数の報告を受け、返金いたします。
    (民間の認定こども園、小規模保育事業など、園と直接契約している場合は、各園にお問い合わせください。)
    ※お休みの日数を保護者の皆様から市へ報告する必要はありません。
    (市に対する手続きは不要です。保育園等の利用状況を市・園で確認します。)
    ※延長保育に係る保育料は、現状のとおり、利用日数に関わらず、利用月分の月額を徴収します。但し、1日も利用しない場合のみ、後日返金します。
  2. 給食費の減免(令和2年4月・5月分)
    食材料費の注文等を園がキャンセルできる食数分は、給食費を減免するよう市から園に依頼しています。詳細は各園に確認してください。
  3. その他
    お仕事等でお子さんを預ける際は、お子さんの健康状態の把握に努め、体調不良の際には登園を控えてください。
    なお、お子さんに感染が疑われる場合やPCR検査を受診する場合などは、在籍する保育園等にご連絡ください。
    登園自粛要請について勤務先への文書が必要な場合は、登園自粛要請を踏まえた従業員の勤務に関する配慮について(PDF:114KB)をご利用ください。 


令和2年5月 7日通知(PDF:158KB)

令和2年4月28日通知(PDF:136KB) 

令和2年4月 7日通知(PDF:92KB)
 

臨時休園となるケース

  1. 当該園の児童または職員に新型コロナウイルス感染症の陽性が確認された場合は、当該園を臨時休園(14日間)します。
  2. 以下の場合は、臨時休園する可能性があります。
    (1)当該園近隣で感染が複数確認されるなど、地域で感染拡大の恐れがあると判断した場合
    (2)市内各所で感染が確認されるなど、市内全域に感染拡大の恐れがあると判断した場合

育児休業明けとして入所内定した児童について

 4月、5月及び6月に育児休業明けとして入所内定した児童について、就労先からの要請等により一時的に育児休業が延長となり、月中の職場復帰となる場合は、内定の取り消しとはならず、入所内定した月からの在籍となります。内定先の園が所在する区こども家庭課に、ご相談ください。

※「育児休業明けとして入所内定した児童について」の取り扱い期間を延長しております。

※復帰日が確定しましたら、内定先の園が所在する区こども家庭課に、就労証明書の提出をお願いいたします。

※現時点では、8月以降の延長は予定しておりません。

※在籍日(実際に登園を開始する日ではありません。)から、保育料等の支払いは必要となります。

保育の必要性の事由が「求職中」の認定期間について

 保育の必要性の事由が「求職中」で6月30日までの認定期間となっている児童について、7月1日までに就労開始ができない場合は、認定期間を7月末日まで延長いたします。園の所在する区こども家庭課に、ご相談ください。

※「保育の必要性の事由が「求職中」の認定機関について」の取り扱い期間を延長しております。

※現時点では、8月以降の延長は予定しておりません。

入所選考で内定した児童の登園について

 入所選考において内定した児童について、原則、利用開始月の1日からの在籍となります。なお、実際に登園を開始する日を遅らせることは可能です。実際に登園を開始する日についてのご相談は、内定先の園とご相談ください。

各園から要請された登園自粛に係る保育料の対応について(令和2年4月7日以前)

 こちらのページをご参照ください。保育料について

一時預かりについて

 こちらのページをご参照ください。一時預かりについて

保育園等で勤務される皆様へ(PDF:467KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

こども未来局こども未来部幼保運営課

千葉市中央区千葉港2番1号 千葉中央コミュニティセンター9階

電話:043-245-5726

ファックス:043-245-5894

unei.CFC@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)