ホーム > 講座・イベント > 講座 > 令和4年度中学生向け夏休み郷土史講座「見て、さわって、考えよう!昔の道具―道具から見えてくる、その時代のこと」

更新日:2022年7月1日

ここから本文です。

令和4年度 中学生向け夏休み郷土史講座「見て、さわって、考えよう!昔の道具―道具から見えてくる、その時代のこと」

 博物館には、今では使われない様々な用途の道具が保存されています。
昔はどのように使われていたのか、なぜ今では使われなくなったのか、博物館の職員や参加者と一緒に考え、学びます。

これは何かな?これは何かな?

内容

本講座は、本館エデュケータ(教育専門職員)が、中学生向けに博物館資料を使って、千葉の郷土の歴史を学ぶ講座です。今年度は、博物館の所蔵する「昔の道具」をテーマに実施します。
実際に市内で昔使われていた道具に触れ、その道具がどのように使われていたか、そしていつごろなぜ使われなくなったのか(あるいは、別の道具に代わっていったか)を考えることで、生活や社会の変化と結び付けて考えていきます。

日時

令和4年7月22日(金曜日)午後1時30分~午後3時

場所

郷土博物館内

料金

無料

募集人数

市内在住・在学の中学生 12名(講座中の保護者の同席はできません。)

申込期間

令和4年7月1日(金曜日)~令和4年7月12日(火曜日)

申込方法

1 電子申請(外部サイトへリンク)(別ウインドウで開く)

申請に必要な内容を記入して、令和4年7月12日(火曜日)までにお申し込みください。

2 往復はがき

往復はがきに以下の内容(必須)をご記入の上、令和4年7月12日(火曜日)当館必着で郵送してください。

往信用はがき

  • 講座名
  • 住所
  • 氏名(ふりがな)
  • 学年
  • 電話番号

返信用はがき

  • 返信用の宛先

主催

千葉市立郷土博物館

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?