• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2021年9月28日

よくある質問

※ 入学者選抜については、学校教育部教育改革推進課(別ウインドウで開く)にお問い合わせください。

Q 中等教育学校になると何が変わるのですか。

A 全員が6年間の一貫教育を受けるため、これまで以上に学校の特色を生かした効果的なカリキュラムにより、充実した教育を行うことができます。

 

Q 他の中学校から稲毛国際中等教育学校に転入できますか。

 

A 他の中学校と教育課程が大きく異なりますので、原則として他の中学校からの転入はありません。県外や海外の中等教育学校からの転編入学などでお聞きになりたいことは、直接、学校にお問い合わせください。

 

Q 他の高校へ進学できますか。

 

A 中等教育学校は、6年間の一貫教育を前提に入学者を募集しておりますので、後期課程へ進級することを原則とします。ただし、一家転住などで、どうしても他の高校に進学せざるを得ない場合には、ご相談ください。

 

Q 入学金、前期課程授業料、前期課程諸経費はいくらですか。

 

A 入学金はなく、後期課程進級時に進級料5,650円を納めます。前期課程の授業料は無料です。前期課程年間諸経費は236,560円程度を予定しています(令和3年度附属中学校予定額)。

 

Q なぜ1年生で数学や英語を多く学ぶのですか。

 

A グローバルリーダーとして本校が重視する資質のうち、論理的な思考力と国際的なコミュニケーション能力は時間をかけて身につける必要があります。同時にこれらの教科は第一志望の進路実現のポイントとなっています。そのため、早期にこれらの基礎力をしっかり身につけられるようにしました。

 

Q 英語に力を入れているようですが、理系に進むには不利ですか。

 

A 前期課程で数学の時数を多く確保するとともに、後期課程(高等学校)の内容も3年生で学びます。5・6年生では多くの選択科目が用意されているので、文系・理系を問わず進路希望に基づいたオーダーメイドな科目選択が可能です。

 

Q すべての英語の授業がネイティブの先生の単独授業ですか。

 

A 授業の目的によって、日本人の先生による授業、日本人の先生と外国人の先生による授業、外国人の先生による授業など、様々な形態があります。

 

Q Inage Questとは何ですか。

 

A 中学校の総合的な学習の時間、高校の総合的な探究の時間に相当する探究活動です。身近な地域の課題を発見したり、校外学習やディベートやプレゼンテーションのトレーニングを通して、思考力・表現力を鍛え、グローバルリーダーとしての資質を養います。

 

Q 授業の進度は速いですか。

 

A 授業時数の多い科目(英語、数学)は他の学校より進度は速くなります。一方で、少人数指導を導入し、個に応じたきめ細かな学習指導を行います。

 

Q 授業の進度は速いですか。

 

A 授業時数の多い科目(英語、数学)は他の学校より進度は速くなります。一方で、少人数指導を導入し、個に応じたきめ細かな学習指導を行います。

 

Q 少人数授業では、どのようにクラス分けを行うのですか。

 

A 現在、英語では単純にクラスを二分割しています。数学では習熟度別のクラスを編成することもあります。

 

Q 塾に行かせないとついていけませんか?

 

A 塾や特別な自主学習を前提とした授業は行っていませんので、学校の授業だけで問題ありません。ただし、生徒によっては、苦手科目の克服や特に興味関心のある分野で、塾や通信添削や動画型講義を利用することが効果的なこともあります。

 

Q 語学研修は、三つの国すべてに行くのですか?それとも、好きな国に行くことができるなど、自分で選択できるのですか?

 

A 一人の生徒が行くのは一か国です。希望を聞いて調整します。

 

Q 海外に行くチャンスは、六年間で一度だけなのですか?

 

A 学校として全員が行くのは一度だけです。

 

Q 個人留学は行かせた方が良いのですか?個人留学に行っても六年間で卒業できますか?

 

A 留学の目的や将来も含めたプランの中で検討することが大切です。入学後相談に乗ります。一年間の留学について、卒業認定は留学先での履修習得内容によって決まります。

 

Q コロナウイルス感染拡大などで海外語学研修に行けない場合、代わりにどのような活動を取り入れたのですか。

 

A 今年はオンラインで韓国の高校生と英語での交流を行いました。新型コロナウイルス感染が終息した後も、様々な可能性を探っていく予定です。

 

Q 海外語学研修には、どれぐらいの期間行きますか?費用はどのくらいかかりますか?

 

A 二週間程度を予定しています。前回はおよそ40万円でした。

 

Q 体操服やジャージの指定はありますか。

 

A 指定のものがあります。現在の高校と同じものを予定してます。

 

Q 上履きや通学靴に指定や決まりがありますか。

 

A 上履きは指定のものがあります。通学靴は運動靴または革靴としています。

 

Q 通学かばんに指定や決まりがありますか。

 

A 特にありません。各自の通学方法に合わせたかばんを使ってください。

 

Q 制服の価格はくらいですか。

 

A 男女とも冬服上下で37,200円程度、夏服スラックスが11,800円、夏服スカートが12,500円の予定です。夏服用のニットベスト(男女兼用)は4,250円の予定です。イオンマリンピア店、そごう千葉店等で購入できます(令和3年度附属中学校実績)。

 

Q 給食はありますか。

 

A 前期課程のみあります。現在は、中学特別棟の多目的ホールを使用していますが、大規模改修工事後は各教室で食べることになっています。

 

Q 通学にバス、電車は使えますか。また、自転車での通学は可能ですか。

 

A 千葉市内全域が学区ですので、バスや電車などの公共交通機関を使って通学できます。自転車通学は許可制です。自転車通学には自転車通学許可願の提出、自転車証の貼付、ヘルメット(各自で購入)の着用が必要です。

このページの情報発信元

教育委員会事務局市立高等学校稲毛高等学校

千葉市美浜区高浜3丁目1番1号

電話:043-270-2055

ファックス:043-279-0565

inage.HIS@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)