ここから本文です。

更新日:2018年2月18日

 2月18日(日) 今年も開催!土偶雛(どぐうびな)

 今年も加曽利加塚土器づくり同好会の皆さんの作品による「縄文土偶雛」を開催いたします!

 3月中頃までの期間限定ですので、お早めにお越しください。

180218-1

180218-2

 2月17日(土) 石器づくり講座を開催しました。

 本日は石器づくり講座を開催。16名の皆さんが本格的な石器づくりに挑戦しました。

 学芸員による講義のあと、珪質頁岩という鋭く割れる石材を使って、縄文時代の狩りに使用する槍づくりに挑戦しました。石器づくりはとても難しく、石の特性や原理を理解していないと思った通りには割れません。参加者の皆さんは、四苦八苦しながらも夢中で石器づくりに取り組んでいました。

石器づくり講座1

 皆さん夢中です。

石器づくり講座2

 参加者の見事な作品。これは獲物が狩れるかも?

 2月9日(金) レーザー計測実施中!

 今週から、加曽利貝塚の詳細な地形図を作るために、レーザー計測を行っています。

 1秒間に20万点の点群データが計測できます。お邪魔になることもあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

20180209

 2月4日(日) 水道局のイベントで縄文体験

 本日は千葉市中央区矢作町にある「千葉分場1号排水池」が、昨年10月27日に国の登録有形文化財(建造物)に指定されたことを記念して開催されたイベントに、かそりーぬと一緒に登場しました。

ちょすいち

きぐるみしゅうごう

 この建物は昭和12年に建造されてから今も稼働している近代建築のひとつなのです。普段は下から眺めることしかできないですが、本日は真近で見られることもあって、イベントは大盛況でした。

ひおこし1

 博物館のボランティアガイドの皆さんと、縄文体験として火おこしを実施。たくさんのお客さんで賑わいました。

ひおこし2

 

 2月3日(土)土偶ペーパークラフトをつくってみよう!

 1月からはじまった「考古学者のお仕事体験&縄文あそび」は多くの来館者に大好評!

 縄文あそびのひとつ、「土偶ペーパークラフト」をご紹介します。写真のように、土偶をかたどったペーパークラフトを自分でつくって模様をつけたり色を塗ったりします。みみずく1

 簡単な工作だから小さなお子さんでもすぐにできちゃいます。

そんな土偶ペーパークラフト、毎月ちがう土偶が作れちゃうんです。

 1月の土偶は遮光器土偶でしたが、2月は「ミミズク形土偶」に変わりました!!

みみずく2

 ミミズク土偶ってなんだろう??

 つくって・遊んで・学べる、「考古学者のお仕事体験&縄文あそび」は毎週土曜日と日曜日に開催しています(詳しくはこちら)。

 2月1日(木)かそりーぬ鏡餅

 若葉区役所に、一足お先にひな飾りが登場!

 職員有志が作成した「かそりーぬ鏡餅」がズラリと並んでいます。

 若葉区役所1階ロビーに展示されていますので、ぜひご覧ください。

かそりーぬ鏡餅の写真

 

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課加曽利貝塚博物館

千葉市若葉区桜木8丁目33番1号

電話:043-231-0129

ファックス:043-231-4986

kasorikaiduka.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)