ここから本文です。

更新日:2019年5月17日

郷土博物館_沿革・施設の概要

沿革

1967(昭和42)年4月9日 観光課の所管施設「千葉市郷土館」として開館
1976(昭和51)年7月 教育委員会社会教育課へ移管
1979(昭和54)年4月 文化課の設置にともない本市における文化施設としての方向づけがなされた
1983(昭和58)年4月 「千葉市立郷土博物館」と館名を改め、主として歴史・民俗系の博物館として再出発した
2000(平成12)年11月~ 耐震改修工事
2001(平成13)年12月 リニューアルオープン
2007(平成19)年4月 文化課廃止。生涯学習振興課の所管となる
2007(平成19)年7月31日 プラネタリウム投影および天文普及事業終了
2009(平成21)年10月~ プラネタリウム室改修工事
2010(平成22)年4月 プラネタリウム室を4階近代・現代展示室としてリニューアルオープン
2015(平成27)年4月 文化財課新設に伴い文化財課の所管となる

 

施設の概要

名称 千葉市立郷土博物館
所在地 千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号
建築構造

(本館) 鉄骨鉄筋コンクリート造(城郭建築4層5階)

(収蔵棟)地上1階地下2階塔屋

面積

敷地面積

8,748.59平方メートル

建築面積

756.13平方メートル

建築延床面積

2,416.29平方メートル

展示延面積

1,230.86平方メートル

建築年月日

着工 1966(昭和41)年3月24日
竣工 1967(昭和42)年3月31日
改修着工 2000(平成12)年11月21日
改修竣工 2001(平成13)年11月29日

(本館)

着工 1982(昭和57)年6月24日
竣工 1983(昭和58)年3月31日

(収蔵棟)

概要

(本館)

1階 516.99平方メートル(376.24平方メートル) 講義室、展示室、電気室、機械室
2階 468.56平方メートル(360.38平方メートル) 展示室、事務室
3階 299.34平方メートル(236.87平方メートル) 展示室、倉庫
4階 353.28平方メートル(157.14平方メートル) 展示室、倉庫
5階 128.34平方メートル(100.23平方メートル) 展望室(展示室)、倉庫

※( )内は展示面積。

1階 52.17平方メートル エントランスホール、受付
2階 53.38平方メートル 事務室

(本館玄関棟)

 

2階 31.90平方メートル エレベーター機械室
1階 177.35平方メートル 第1収蔵庫、学芸室、荷解室
地下1階 168.65平方メートル 第2収蔵庫、機械室
地下2階 166.33平方メートル  

(収蔵庫棟)

ページの先頭へ戻る

千葉市立郷土博物館のトップページへ

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課郷土博物館

千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号

電話:043-222-8231

ファックス:043-225-7106

kyodo.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)