ホーム > イベントカレンダー > 令和元年度企画展「江戸時代の妙見寺」

ここから本文です。

更新日:2019年9月3日

令和元年度企画展「江戸時代の妙見寺」

妙見寺とは千葉妙見宮の別当寺で、千葉神社(千葉市中央区院内)の前身です。
中世には北斗山金剛授寺尊光院(ほくとさんこんごうじゅじそんこういん)と呼ばれ、近世になって妙見寺と改称しました。妙見寺には市内の寺社で最大の朱印地200石が与えられていました。
中世以来千葉の町の中心部に位置し、町の盛衰にも大きく影響を与えてきたこの妙見寺の江戸時代の様子について、旧妙見寺文書の中からわかることを中心に展示します。

下総国千葉郡千葉町千葉県社千葉神社建物及境内之真景

下総国千葉郡千葉町千葉県社千葉神社建物及境内之真景(旧妙見寺文書、長国寺蔵、当館寄託)

院内惣百姓之掟

院内惣百姓之掟(旧妙見寺文書、長国寺蔵、当館寄託)

期間

  • 2019年8月24日(土曜日)から2019年11月19日(火曜日)

場所

対象者

特になし

料金

無料

申込方法

期間中にご来館ください

開催区

中央区

開催場所

千葉市立郷土博物館 2階展示室

連絡先

郷土博物館 電話222-8231 FAX225-7106

主催、共催、後援

主催

郷土博物館

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課郷土博物館

千葉市中央区亥鼻1丁目6番1号

電話:043-222-8231

ファックス:043-225-7106

kyodo.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)