ここから本文です。

更新日:2019年11月26日

令和元年度 埋蔵文化財ロビー巡回展「環状石器展」

環状石器展

埋蔵文化財ロビー巡回展は、千葉市の郷土の歴史をより深く知って頂くことを目的に、千葉市内の遺跡から出土した考古資料を中心に、市内各所の施設で巡回展示を行います。

 縄文時代や弥生時代の遺跡からは、中心に穴の開いた円盤形の石器が見つかる事があります。これらは、「環状石器」と呼ばれており、いろいろな説があるものの、詳しいことがわかっていない謎の石器です。今回は、関東地方から実物資料を集め、この不思議な石器の謎に迫ります。

開催期間中には、関連講座として2回の講座も行いますので、併せてご参加ください。(詳細は下記)

展示会場・期間

(1)千葉市立郷土博物館

  日時:11月13日(水曜日)~12月1日(日曜日)

(2)千葉市民ギャラリー・いなげ

  日時:12月4日(水曜日)~12月15日(日曜日)

(3)千葉市埋蔵文化財調査センター

  日時:12月18日(水曜日)~令和2年1月15日(水曜日)

(4)千葉市中央図書館

  日時:1月17日(金曜日)~2月16日(日曜日)

(5)千葉市生涯学習センター

  日時:2月18日(火曜日)~3月1日(日曜日)

 ※ 休館日等は、各施設のホームページ等でご確認ください。

 

 環状石器展チラシはこちらから(PDF:4,257KB)

関連講座

 【第1回】:令和2年年1月31日(金曜日)10時30分~12時00分

  演題:「弥生時代の石器からなにが解るか」

  講師:杉山浩平(東京大学大学院総合文化研究科特任研究員)

 【第2回】:令和2年2月7日(金曜日)10時30分~12時00分

  演題:「環状石器とはなにか」

  講師:小林 嵩(公益財団法人千葉市教育振興財団)   

 会場:千葉市生涯学習センター3階 大研修室(各回とも)

 定員:60人(応募多数の場合、抽選)

 参加費:無料

 講座申込方法:氏名・連絡先・希望日を明記して、往復はがき、またはメールで。

 応募期間:令和2年1月6日(月)から1月20日(月)(必着)

 申込先:千葉市埋蔵文化財調査センター

     〒260-0814 千葉市中央区南生実町1210

     電話:043-266-5433 FAX:043-269-9004

     Eメール:maizobunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部文化財課埋蔵文化財調査センター

千葉市中央区南生実町1210番地

電話:043-266-5433

ファックス:043-268-9004

maizobunkazai.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)