ここから本文です。

更新日:2016年6月13日

千葉市科学都市戦略事業方針の策定にあたって

千葉市科学アドバイザー 宇宙飛行士 山崎 直子

すべての市民が日常生活の中で科学技術を身近に感じることができる科学都市の実現」を目指した千葉市の科学都市戦略に参画させていただくこととなり、大変光栄に思います。

私自身、子供の頃から身の回りの科学に関心をもちはじめ、星を見ること、動物や植物に触れること、学校の理科や図工の授業を通して、科学や宇宙への興味を強めました。それが原点となり、宇宙飛行士の仕事につながっていきました。科学技術とは決して特別なものではなく、身の回りの自然と密にかかわってくるものだと思います。衣食住、交通、通信などと、私たちの生活はすべて科学技術とかかわってきます。

3月11日の東日本大震災では、多くの方が被災され、深くお見舞い申し上げます。また現在でも、原子力発電所からの放射線など様々な影響が続いています。復興に向けて長期的な取り組みをしていく中で、科学技術との関わり方はますます重要になってくるでしょう。一人一人が、自然の前に謙虚になり、科学技術を正しく理解し扱っていくことが必要です。そのためにも、この千葉市科学都市戦略が広く浸透し、復興に向けて役立っていくことを期待しています。

そして、未来をつくっていくのは自分たち一人一人の力である、ということを市民の皆さんに実感して欲しいです。すべての世代の人が、科学技術への視野を広く持ち、未来へ向かって力を発揮してほしいと願っています。

宇宙飛行士として、そして親として、私が今まで培ってきた知識と経験を活かし、千葉市科学都市戦略の推進にお役に立てればと思います。この千葉市科学都市戦略の思想が、千葉市から発信され、全国に励みと力を与えていくことを期待しています。

このページの情報発信元

教育委員会事務局生涯学習部生涯学習振興課

千葉市中央区問屋町1-35 千葉ポートサイドタワー11階 

電話:043-245-5957

ファックス:043-245-5992

shogaigakushu.EDL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)