閉じる

ホーム > 学校紹介 > 校長室 > 校長室だより2号

更新日:2021年4月13日

ここから本文です。

校長室だより 2号

4月12日(月曜日)朝の風景

校門前の様子

校門に立って5日目。朝、子どもたちは元気よく登校してきます。「おはようございます」と大きな声であいさつしてくれる子。笑顔を向けてくれる子。心が温かくなります。

帽子を見て「マリ―ンズファン?」と聞くと、「昨日、ママと試合を観に行ったよ。」と答えてくれる子。「僕は、野球には興味ないよ。サッカーだよ。」と教えてくれる子もいます。

家族の方と一緒に登校している一年生もいます。昇降口に入っていく我が子を見つめる様子。帰り際に、「よろしくお願いします。」と声をかけてくださる方もいます。無事に一年生のスタートを切ってほしいというお家の人の思いが伝わってきます。

信号の所には、セーフティーウオッチャーの保護者の皆様、地域の皆様も子どもたちの様子を温かく見つめてくれています。

朝、登校するまでに子供たちは、家族から送り出され、地域の人に見守られ、学校に到着します。幕張南小学校の子どもたちを大切に思っている素敵な地域だと感じています。

 

1年生の教室

1年生の教室では、登校すると担任の先生と6年生が迎えてくれます。ランドセルの後片付けを手伝ってくれたり、連絡袋を一緒に出してくれたり、「さすが、幕張南小学校6年」です。今朝は、校歌を歌ってくれました。コロナ感染予防のため、大きな声はだせないですが、一年生の心にしっかり響いていると思いました。

 

朝読書

各学年の廊下は、読書をし、静かです。一日のスタートに、本の世界に浸り心を落ち着ける習慣、続けていきたいと思います。