ここから本文です。

更新日:2019年11月7日

災害後の住宅修理契約は慎重に!

 豪雨や台風などの災害時には、それに便乗した悪質商法が多数発生する傾向があります。

 トラブル事例については、国民生活センター発行の見守り新鮮情報において掲載しておりますのでご覧ください。

 (2019.7.30)慌てないで! 災害後の住宅修理トラブル(外部サイトへリンク)

 (2015.9.29)150万円払ったのに…台風で壊れた屋根の修理が未着工(外部サイトへリンク)

 (2012.6.5)「火災保険が使える」と誘う住宅修理契約トラブルに注意!(外部サイトへリンク)

 災害による被害で住宅の修理等が必要な場合でも、慌てずに複数の事業者から見積もりを取ったり、周囲に相談したりした上で、慎重に契約しましょう。

 住宅の損傷について、業者に不安なことを言われても、本当に工事を行う必要があるかどうか、慎重に検討しましょう。

 また、台風による住宅の損害が火災保険の補償対象になる場合があります。まずはご自身で損害保険会社か代理店に連絡し、保険金支払いの対象となるか、申請はどうするのか等を確認しましょう。

 申請に必要な「り災証明」は、各区役所地域振興課で申請できます。

 申請方法、連絡先は「り災証明書(自然災害)の交付」のページをご覧ください。

商品・サービスの契約トラブル等の場合は、消費生活センターへご相談ください。

消費生活相談専用電話「043-207-3000

※9:00~16:30 月曜日~土曜日(祝日・年末年始を除く)

※事業者の方からのご相談は、お受けできません。相談を希望される場合は、経済産業省関東経済産業局(中小企業相談)(外部サイトへリンク)にお問い合わせください。

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部消費生活センター

千葉市中央区弁天1丁目25番1号 暮らしのプラザ内

電話:043-207-3601

ファックス:043-207-3111

shohi.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)