• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

興味/関心ごとを選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2019年11月7日

クーリング・オフに関する情報

クーリング・オフ制度とは

クーリング・オフ制度とは、消費者が契約した後で冷静に考え直す時間を与え、一定期間であれば無条件で契約を解除できる制度です。
クーリング・オフできる取引は法律や約款などに定めがある場合に限ります。

主なクーリング・オフ期間

取引対象 適用対象 期間
訪問販売 店舗外での原則すべての商品・役務及び指定権利の契約。 8日間
電話勧誘販売 業者からの電話勧誘による原則すべての商品・役務及び指定権利の契約。 8日間
連鎖販売取引 マルチ商法による取引。店舗契約を含む。 20日間
特定継続的役務提供 エステ・一部の美容医療・語学教室・学習塾・家庭教師・パソコン教室・結婚相手紹介サービスの継続的契約。店舗契約を含む。 8日間
業務提供誘引販売取引 内職商法による取引。店舗契約を含む。 20日間
訪問購入販売 店舗外で、政令で指定されたものを除くすべての物品を、事業者が消費者から買い取る契約。 8日間

*こんなときはクーリング・オフができません

  1. 自分で店舗へ出向いて買い物した場合や、通信販売で購入した場合
  2. 乗用自動車を購入した場合
  3. 健康食品や化粧品などの消耗品を使用してしまった場合
  4. 3,000円未満の商品を現金で購入した場合

※通信販売で購入した商品はクーリング・オフ対象外ですが、返品特約の表示がない場合は、商品到着後8日間は送料消費者負担で返品が可能です。

クーリング・オフのしかた

クーリング・オフは、必ず書面で通知しましょう。(PDF:82KB)
契約を解除する旨の通知書を作成し、業者に郵便などで送ります。また、クレジット契約をした場合は、クレジット会社と信販会社へ同時に通知します。

  • 必ず、ハガキ等の表面と裏面をコピーして保管しておくこと。
  • 「特定記録郵便」、「簡易書留」など記録の残る方法で送付すること。

商品・サービスの契約トラブル等の場合は、消費生活センターへご相談ください。

消費生活相談専用電話「043-207-3000

※9:00~16:30 月曜日~土曜日(祝日・年末年始を除く)

※事業者の方からのご相談は、お受けできません。相談を希望される場合は、経済産業省関東経済産業局(中小企業相談)(外部サイトへリンク)にお問い合わせください

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部消費生活センター

千葉市中央区弁天1丁目25番1号 暮らしのプラザ内

電話:043-207-3601

ファックス:043-207-3111

shohi.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)