ここから本文です。

更新日:2019年8月14日

 

伊藤拓選手(ダブルダッチ)表敬訪問

本市職員の伊藤拓選手(ダブルダッチ)が、ワールドジャンプロープ世界選手権大会において5つの種目で優勝し、市長を表敬訪問しました。

表敬訪問の様子

2019ダブルダッチ伊藤選手動画鑑賞

まず初めに所属課の工平課長より、日ごろの伊藤選手の勤務や大会に向けた準備の様子について お話しいただきました。世界大会に出場するような選手が課内にいるということで、周りの職員も協力して送り出す体制を整えたということでした。伊藤選手は、周りの方々の協力は大会に出場するにあたってとてもありがたかったと語っていました。 

 

 

2019ダブルダッチ伊藤選手説明

 

 ワールドジャンプロープ世界選手権大会は、世界各国から選抜された選手が集まる世界最大規模のシングルロープダブルダッチの大会です。第9回目の今大会は、28か国から約1000名の出場でノルウェーのオスロにおいて開催され、伊藤選手は「ONIGIRI JAPAN」という5人組のチームで世界に挑みました。2015年フランス大会、2017年アメリカ大会に続く出場となった今大会でも、前2大会と同様年齢カテゴリーの4種目で優勝を飾ると、今まで手の届かなかった年齢カテゴリーの優勝者だけが出場できるファイナルでも優勝を果たし、獲得した5つの金メダルを市長に披露してくださいました。

  2019ダブルダッチ伊藤選手市長握手     2019ダブルダッチ伊藤選手記念撮影

すでに国内で審査員として活躍する伊藤選手ですが、大会と併せて開催された指導者や国際ジャッジ資格取得希望者のための講習が行われるキャンプに参加されたそうです。今後は、選手としての立場に加え、ダブルダッチを普及する立場としても努力していきたいと語っていました。伊藤選手の今後益々の活躍を期待しております。おめでとうございました。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部スポーツ振興課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5968

sports.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

※回答が必要なご質問、お問い合わせ等はこちらではお受けできません。
ご意見・お問い合わせからお願いします。

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)