• よくある質問と回答
  • 情報が見つからないときは
  • 各種制度、手続、施設等に関する問い合わせ 千葉市役所コールセンター 電話番号 043-245-4894 年中無休 午前8時30分~午後9時 土日休日・年末年始は午後5時まで

あなたにぴったりな情報を表示します

開く

関心ごと/生活環境を選択

この情報で表示する

よくみられているページ

  •  

きてみて!わたしの区

ここから本文です。

更新日:2017年11月28日

地元アスリート特集(平成29年度)

市では「日本一地元アスリートを応援するまち」を目指しています。今回は、国内外で優秀な成績をおさめた、5人のジュニアアスリートを紹介します。地元のジュニアアスリートを応援し、スポーツを盛り上げていきましょう!

紹介アスリート

未来に向けて、市内で活動するジュニアアスリート

※掲載情報は2017年11月1日時点のものです。

 【ボクシング】堤駿斗(つつみはやと)さん

地元ゆかり情報(所属)堤さん

椿森中卒(市立習志野高校3年)

直近の主な成績

ASBCアジアユース選手権大会連覇、インターハイ優勝、国体優勝など

自分の強み・アピールポイント

相手のレベルが上がれば上がるほど、自分の動きも相手に対応していってどんどんよくなるところが自分の強みだと思う。相手の選手が強ければ、自分もそれに対応しようと頑張るので、その対応能力が優れているのかなと思う。どんな相手でもなんとか対応して、そこから突破口を見つけ出せます。

今までで一番苦しかったこと

1年生の時に勝てなかった時が一番つらかったです。練習はたくさんやったのですが、結果に結びつかなかった。

今までで一番嬉しかったこと

世界ユース選手権での優勝です。今までやってきたことが正しかったと、自分のボクシングの正しさ、トレーナーや父親など、支えてくれた方に感謝を伝えられたのが一番うれしかった。

どんな選手になりたいか

井上尚弥選手があこがれの選手。村田諒太選手のように、オリンピックで金メダルを取ってから、プロでも世界チャンピオンになるというのは自分の理想でもあるので村田選手のような選手に自分もなれたらなと思う。

今後の目標

来月に全日本選手権があり、そこは大人のエリートの方も出場する。そこで優勝すると、来年の国際大会の大人の部に出場できれば、オリンピックに近づくことができるので、まずは来月の全日本選手権優勝が目標。

 【体操】村山覚人(むらやまかくと)さん

地元ゆかり情報(所属)村山さん

泉谷中卒(市立船橋高校3年)

最近の成績

2017全日本ジュニア体操競技選手権大会男子1部個人総合優勝、第14回アジアジュニア体操競技選手権大会個人総合優勝

自分の強み・アピールポイント

自分は体操競技では身長が高いので、その分ダイナミックな演技を魅せたいと思っています。また体操は6種目揃って体操だと思っているので、総合種目でメダルを取りたいと思っているし、今個人総合で取れることが強みです。また怪我が多いと言われている体操競技で怪我をほとんどしていないというのも強みです。親が栄養管理をしてくれているので、バランスの良い食事がとれていて、そのおかげで怪我がないし、怪我がないから練習もコンスタントに継続してできているので、いい結果を出せていると思います。

今後の目標

まずは東京オリンピックの出場を目標としていまいすが、その先の2024年、2028年にもしっかり活躍できる選手になりたいと思っています。

 【空手道】澤江優月(さわえゆづき)さん

地元ゆかり情報(所属)堤

若松中卒(日本航空高校3年)

最近の成績

第44回全国高等学校空手道選手権大会優勝、JOCジュニアオリンピックカップ第36回全国高等学校空手道選抜大会優勝、第6回東アジアジュニア&カデット空手道選手権大会優勝など

自分の強み・アピールポイント

170cmという恵まれた体格を生かした攻めの組手です。前へプレッシャーをかけ、懐が深い為、前でも後ろでも対応ができます。

今までで一番苦しかったこと

中学3年の最後の全国中学校大会でベスト8で負けてしまい、その後の世界大会でも決勝で最後の最後で負けて、その負けが一番悔しくて、その負けの記憶は今でも残っています。

今までで一番嬉しかったこと

高校2年になって3冠を達成できたことです。応援してくれている家族、いつもお世話になっている大好きな監督に結果で恩返しできたことがとても嬉しかったです。

どんな選手になりたいか

どんな相手にでも自分の組手ができるように、気持ちを強く持ち、自分に負けない人になりたいです。

今後の目標

世界ジュニアで優勝と2年連続3冠

 【セーリング】菅沼汐音(すがぬましおね)さん

地元ゆかり情報(所属)菅沼さん

市内在学(渋谷教育学園幕張高校3年)

最近の主な成績

2016レーザー4.7ユースワールドチャンピオンシップス9位入賞、愛媛国民体育大会少年女子レーザーラジアル級大会準優勝

自分の強み・アピールポイント菅沼さん2

他の人よりも考えをシンプルに持って、臨機応変な対応ができるようにしているところ。海の状況は同じことがないので、その変化にどれだけ柔軟に対応できるかが大切。

今までで一番苦しかったこと

世界選手権から愛媛国民大会の間にレーザーラジアル級に本格的に乗りはじめて、4.7級のときには見えなかった自分の荒い部分が露骨に見え始めて、なかなか成績が出せずに悩んでいた時期が一番つらかった。
※4.7とラジアル級では帆の大きさが異なる。(20%増)

今までで一番嬉しかったこと

ドイツの世界選手権で陸上でも海上でも大会に一緒に出たチームメイトにも恵まれ、陸上では楽しく過ごして、海上ではしっかりレースに取組むことができ、オンオフが一番しっかりできた大会だった。

どんな選手になりたいか

リオオリンピックで優勝したオランダのマリッジ選手のようになりたい。一度お会いして、すごい人だけど、フレンドリーに話してくれた。自分も将来速くなってある程度の成績を残せるようになっても、周りの人からいい意味でも悪い意味でも気にされないような身近に感じてもらえるようなフレンドリーな選手になりたい。

今後の目標

高校卒業して、大学進学して選択肢が2つある。大学の体育会系のヨット部に入ってインカレを目指すか、自分で今まで通り続けていくか。今のところは自分は体格が小さく、レーザーラジアル級で世界で戦っていくにはハンデが大きすぎると感じる部分があって、今まで乗ったことのない二人乗りを大学の学連で挑戦してみる価値があると思う。挑戦してみないと何事も分からないと思っている。オリンピックについては、自分から意識したことはなく、周りから言われ始めてそういう道もあるのかなと思っているが、自分の中ではオリンピックに出たいから力を入れて頑張るではなくて、自分が頑張って積み重ねていったものの先にオリンピックがあるのが、結果としてすごくいいことだと思うし、そうなったらいいなと思うけど、力が入りすぎてからぶるのが怖いので、意識しすぎないようにしている。

 【テコンドー】東島星夜(ひがしじませいや)さん

地元ゆかり情報(所属)

市内在学(第一学院高校千葉キャンパス3年)

最近の主な成績

第10回全日本選手権優勝、USオープン選手権(ジュニア)優勝、第10回全日本ジュニア選手権優勝

自分の強み・アピールポイント

体の柔軟性と足技が武器です。相手が自分より背が大きい場合が多いので、相手の懐に入り込み、柔軟性を利用して下から蹴り上げてポイントを取る。足技はポイントが高いので、強みになります。

今までで一番苦しかったこと

筋力トレーニングをすると体重が増えていくので、その分減量しないといけない。その減量が一番きついです。減量すると当然スタミナも減るので、スタミナが減らないように食事を取り、かつ減量もしなければならない。だからメニューなどにも気を使っています。

今までで一番嬉しかったこと

1月に行われた全日本選手権は初めて大人の選手もいる大会に出場して優勝したこと。2月のUSオープンは初めて国際大会で優勝できた。その2つは嬉しかったです。国際大会で優勝できたので、世界で戦えるという実感も生まれてきて、モチベーションはすごく高くなりました。

どんな選手になりたいか

日本ではあまりテコンドーが知られていないので、初めて見た人が面白いなと思ってもらえるような試合をしたいと思います。ポイントの高い難しい技が得意なので、そういう技を皆さんに見てもらって、テコンドーって格好いいね、楽しいねと、思ってもらえるような試合をしたいです。

今後の目標

東京オリンピックで金メダル取ることはもちろんですが、テコンドーの普及を担えるような選手になりたいです。

このページの情報発信元

市民局生活文化スポーツ部スポーツ振興課

千葉市中央区千葉港1番1号 千葉市役所8階

電話:043-245-5966

sports.CIL@city.chiba.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページを編集して、改善提案する(改善提案とは?)